FC2ブログ

5日目、ヴェルサイユ宮殿へ

この日、本当は「モンサンミッシェル」へ行きたいと思っていた私だが
天気もイマイチだし、移動に片道4時間は、子供には退屈かなぁ~?と
ちょっと諦めモード(前夜遅く、朝7時発だし帰宅も夜遅いのでキツイ
朝はのんびりして、結局片道1時間で行ける「ヴェルサイユ宮殿」へ。

地下鉄Line9で「Pont de Sevres」駅まで行き、そこからバスNo.171で
最終停留所が「Versailles」の前
1026verseille.jpg

17世紀、ルイ14世が「史上、最も大きく、最も豪華な宮殿を建てよ」と命じ
1668年に着工され、完成までには半世紀ほどかかった
その間、常に2万人を超える人夫と6,000頭の馬が動員されたらしい

チケットは並ぶことなく自販機で購入してすぐ館内へ。
(休暇シーズンはとても混むらしい

オーディオガイドを受け取りテクテク宮殿内を観賞。
荘厳な美しさの「礼拝堂」1026v1.jpg
ちょうどパイプオルガンを演奏中

きらびやかな「鏡の間」1026v2.jpg

王妃の寝室1026v4.jpg
この部屋の最後の主だったマリー・アントワネットは、押し寄せる群衆から
逃れるため、部屋の奥隠し扉から外へ出たらしい

この宮殿内にも「ナポレオン1世の戴冠式」絵画がデデーンとあった。
ルーブル美術館にある物と同じ画家、同じ構図らしい。

一通り宮殿内を見学した後は外へ。
寒い日であったが、子供たちは「わ~い!」と外に行けて大はしゃぎ
1026v5.jpg  1026v6.jpg

この宮殿に来ることにした最大の理由は…庭園内を自転車で走りまわれるから
一時間で一台6.5€(子供も大人もサイズはあれどレンタル料は同じ)
1026vrental.jpg  1026v9.jpg
4台かりて、皆で「プチ・トリアノン」までサイクリング
「Petit Trianon」1026v7.jpg
ルイ15世の愛人ポンパドール夫人の発案で建てられた小さな宮殿で、後に
マリー・アントワネットに愛された場所。
ヴェルサイユ宮殿の派手さとは全然違う落ち着いた感じ。
1026v8.jpg

最後ちょっと小雨もあったが、どうにかギリギリ傘不要で過ごせた。
寒かったが、まぁヴェルサイユ宮殿プランで過ごせて正解

夕方には子供たちを9区に住む義妹宅へ連れて行くことに。
今夜と明日2泊子供は義妹宅にお泊りすることに

焼き立てバゲットを買って帰宅して、チーズにワイン
落ち着くし美味しいし最高

スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
2児のママ。
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏~2015年春トルコ。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
9位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR