スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目、オランジュリー&オルセー美術館

昨日に引き続き、美術館巡り。
今回はパリの3大美術館は周ろうと…。
まずは地下鉄「Franklin D Roosevelt」駅で降りシャンゼリゼ通りを散歩
コンコルド広場を通り、オベリスクを見た後チュイルリー公園へ。
1025concord.jpg

広大なフランス式庭園で、ヴェルサイユ宮殿の庭園を手掛けた天才造園家
ル・ノートルが設計したそう。この公園内、コンコルド広場寄りにあるのが
「Musee National de l'Orangeri de Tuileries/ オランジュリー美術館」
1025orangerie.jpg

オルセー美術館とのセット券(14€)を購入。
(※オルセー美術館はチケット購入に混む場合もあるので同日2館行く方には
オランジュリーを先に来てセット券を買うことをおススメ。美術館巡りを短期間に
沢山する方はCarte Musees/カルトミュゼもいいかも!?)

館内は撮影NG。ここはクロード・モネの「睡蓮」が展示されており必見
地下階にはルノワールやピカソ、セザンヌ、マチスなど。

たっぷり堪能した後は、セーヌ川の対岸にあるオルセー美術館へ。
途中、恋人たちによる!?鍵だらけの橋も
1025bridge.jpg

「Musee d'Orsay/オルセー美術館」1025オルセー
http://www.musee-orsay.fr
この建物は1900年のパリ万博のために、当時の最新技術とデザインを駆使して
造られた、鉄道オルセー駅を改修したもの。
壁面にはめこまれた大きな時計、鉄骨とガラスでできたアーチを描く屋根など
建物全体が駅舎の面影を色濃くとどめている。

まずはお茶タイム1025orsey.jpg
5階にある時計裏の「Cafe Campana」で大人はコーヒー、子供はホットミルク

同階ではルノワール「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」に見入る私。
娘はクロード・モネ「Coquelicots」が印象に残ったらしい。

2階にはゆっくりお食事もしたい人にはおススメ!?このレストラン、人気らしい。
1025オルセー食事私が行った時は昼食と夕食の間で閉店

夜は大人だけのお出かけタイムだったので、夕方には一度帰宅
子供はもう「美術館はお腹いっぱい」みたい!?
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。