スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルサで温泉ハマム、イェニ・カプルジャ

Uludag/ウル山(標高2,543m)の麓に広がる自然豊かな町「Bursa/ブルサ」。
1326年、セルジューク朝からブルサを奪い、勢力を拡大したオスマン朝は
最初の首都としたのが、ここ「ブルサ」だ。
冬場はウル山のスキー場への起点ともなり、ローマ時代からの温泉地としても
知られている
ブルサ市街北西部にある「Cekirge/チェキルゲ」は温泉地として有名。

宿泊先としてチェキルゲ地区にある「Kervansaray Termal Hotel」や
「Termal Hotel Gonluferah」も良さそうに思えたが、温泉地と市内中間で
温泉ハマムで有名な「Yeni Kaplica/イェニ・カプルジャ」から徒歩すぐの宿に。
divan_20120227224229.jpg
地下にある温水プール&温泉Hamamは宿泊客は出入り自由だが、一般客は1人80TL。
夕方にはたっぷりホテル内施設を楽しんだが…面白みではすぐ近くにあった地元の人が
利用する温泉ハマム↓。
yenicap2.jpg
女性用「Kaynarca」と男性用「Yeni Kaplica」(ドーム型天井)で別れている。
tel: (0224)236-6968 朝7時~23時ごろまでOpen。
女性用は大人1人12TL、子供3TL。男性用は大人1人13TL。
アカスリやマッサージをつけると30TL。
この他、家族風呂の部屋ハマムもある。
kaynarca.jpg  yenicap.jpg
観光客向きではなく、潔癖症の方は苦手なスポットと言えるかもだが…
地元トルコ人が利用するハマム体験したい方はどうぞ。
(ちょっと臭いはキツイ面もあったが)私は楽しめた♪

Bursarayの「Kulture Park」駅から徒歩3~5分ほど。




スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

No title

ブルサのハマム・・。アカスリすたな~。恥ずかしい思い出があるわ(笑)
プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。