スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6日目 ~ブダペスト 子供鉄道、温泉、国立歌劇場など

今日も予定盛り沢山 1_20140406030544a7e.jpg
今回滞在した茶色レンガ調のアパートメントホテル。5階角部屋。

2_20140406030543c4c.jpg
アンドラーシ大通りに立つネオ・ルネッサンス様式の壮麗な建物
オペラの殿堂「Magyar Allami Operahaz / ハンガリー国立歌劇場」
今夜はここでオペラ鑑賞。それまで動き回るぞ~!

昨日も食べたハンガリー菓子をまた近所の屋台で。3_2014040603054310e.jpg

「くさり橋」を、ブダ側に歩いて移動。
(ハンガリーの首都ブダペストは、ドナウ川を境に西側がブダ、東側がペスト
4_20140406030542fbb.jpg
「Széchenyi Lánchíd」(正式にはセーチェニ公のくさり橋)は一番有名な橋。
最初にブダとペストを結んだ橋でもある。それまでは渡し船だったが、19世紀前半
セーチェニ伯爵が私財を投じ10年の歳月をかけ建設。
夜のライトアップも風情たっぷりで人気のスポット


渡ったところに王宮へとのぼるケーブルカーがあるのだが、ちょうど故障か点検中かで
利用できず歩いて王宮までのぼることに。(でも大した距離ではなく徒歩8分ほど
5_20140406030541ca6.jpg  6_201404060305401cc.jpg

王宮からはペスト側のステキな眺望
8_20140406030837869.jpg  c_20140408060407d78.jpg


ブダ側はいくつもの丘が連なる丘陵違い。ペスト側は対照的に平坦。

7_201404060308382a5.jpg  9_20140406030836fd9.jpg

10_2014040603083666c.jpg  o_20140408060628763.jpg


王宮地下迷宮が面白そう!と思い行ってみることに。
11_201404060308357a9.jpg  12_20140406030834ab3.jpg

王宮の丘の地下にある無数の洞窟。深さ数十mに及び、
内部は二層三層にもなっていると言われ全貌はまだ??
現在一部が観光施設として一般公開

入場料:大人2,000Ft 子供600Ft ※ブダペストカード保有者は1,500Ft
Open: 10~19時

14_2014040803333947c.jpg  15_201404080333391cf.jpg

途中お化け屋敷のような演出を効かせた場所があった

16_201404080333383d0.jpg  17_20140408033338649.jpg

想像したものとは違い、おススメ度は微妙…

三位一体広場を散策して 18_20140408033337dac.jpg


歩きで「Bécsi Kapu/ウィーン門」から出て
「Széll Kálmán tér/セール・カルマン広場」に行き、そこでトラムに
乗るつもりが、まだまだ子供たち元気なので歩き目指すは登山鉄道乗り場。
(トラムは59番OR61番で二つ先の「Városmajor」で下車)

登山鉄道に乗る前に、公園を発見して遊ぶ子供達…。お昼は簡単にホットドッグ。

19_20140408033905593.jpg  20_20140408033904f52.jpg

登山鉄道(60番)に乗って最終「セーチェニ山」まで乗車20分。
料金は350Ft(BKVの市内交通切符、回数券が使える)
この電車内で上の前歯が抜けた息子 21_201404080339043e1.jpg

終点「Széchenyi-hegy/セーチェニ山」22_201404080339035be.jpg

ここから左手の方へ歩いていくと、子供鉄道の駅が見えてくる。
1951年にピオニール(社会主義体制下dの青年組織)によって設立された
「Gyermek vasút/子供鉄道」は、今でも運転手以外は10~14歳の子供達で
運営されていて、制服を着て仕事に励む姿が見れる鉄道なのだ。
http://www.gyermekvasut.hu  
一時間に一本ほど運行。※月曜日運休

23_2014040803390396d.jpg  28_20140408040320d9b.jpg

乗車料金は片道で大人600Ft、子供300Ft
25_201404080403196cc.jpg  27_20140408040318ad5.jpg

24_20140408040317994.jpg  26_20140408040316119.jpg

学校はどうしているのだろう?? 29_20140408040315d22.jpg

車掌さんと一緒に記念撮影 30_2014040804120794c.jpg

「János-hegy/ヤーノシュ山」駅で下車。どんどん山を登って行く。
31_20140408041206a94.jpg  32_201404080412050e0.jpg

標高527mのヤーノシュ山は、休日にはハイキングを楽しむ人で賑わうらしい。
今日は平日だし、人が少なくって…どんな場所やら不安になりつつ上へ上へ。

33_20140408041204120.jpg  34_2014040804120467c.jpg
また公園を見つけて遊んだ後は、頂上にある
「Erzsébet Kilátó/エルジェーベト展望台」35_2014040804120390d.jpg

36_2014040804182417f.jpg  37_20140408041823d8a.jpg

展望台にのぼるのも、降りるのも、私より断然早い子供達
38_201404080418221d4.jpg

また公園で少し遊んでから「Libegő/リフト」で下山することに 気持ちいい~

39_20140408041822b18.jpg  lift0.jpg

lift.jpg  40_201404080418219fb.jpg

41_201404080429374ff.jpg  43_20140408042937a84.jpg

44_201404080429361d3.jpg  45_20140408042936fdf.jpg

さて、リフトで着いた場所がどこだか知らずに下りたのだが…問題なし
出口坂下(左側)にバス停発見 
バスNo:291に乗って終点「Nyugati pu./西駅」へ 46_201404080429351c3.jpg

西駅からは地下鉄M3線で4つ目「Kálvin tér」駅へ。

「Vásárcsarnok/中央市場」を散策。57_201404080429341cb.jpg

ハンガリーのあらゆる食材が集まる市場で市内最大。51_20140408044300fcb.jpg

53_201404080442594d7.jpg  54_20140408044258c70.jpg

55_20140408044257920.jpg  56_20140408044256647.jpg

地下はスーパーもあり1階は青果やソーセージなど加工肉や名産品。
2階は民芸品屋なども。市場内の両替所のレートは悪くなかった。
US$100=21,850Ftだった(手数料500Ft)52_20140408044259e05.jpg

市場でオヤツを食べた後は、自由橋を渡って… 58_20140408044949d57.jpg

昨日とは別の温泉へ 59_20140408044948804.jpg
このために今日一日水着、帽子&ゴーグル、タオルを持ち歩いたのだ

「Gellért Gyógyfürdő/ゲッレールト温泉」
http://www.gellertfurdo.hu
入浴料:大人4,900Ft、子供3,100Ft (個室やマッサージは別途追加)

60_20140408044947ed1.jpg  63_20140408044946711.jpg
一部整備中(冬期閉鎖)エリアもあるが、まずは外へ。

62_2014040804494673e.jpg

とても有名な温泉で、ホテルも併設されている。
68_201404080449451d0.jpg  65_20140408051951921.jpg

66_2014040805195133a.jpg  69_20140408051950a70.jpg

71.jpg  72.jpg

73.jpg  75.jpg

40度の浴槽もあり、気持ち良かった~ 77.jpg

今日はホントによく歩いた。
ゲッレールト温泉から街一番の歩行者天国でるヴァーツィ通りを通過し
1858年創業の老舗カフェへ。
「Gerbeaud/ジェルボー」 81_20140408052403b09.jpg
http://www.gerbeaud.hu
Open: 9~21時(時期によって変動) 不定休
1051 Vörösmarty tér 7-8

19世紀末のカフェ文化華やかな時代、ブダペスト随一の社交場だった。
ハンガリー王妃エリザベート、音楽家リストも好んで訪ねたのだとか
ダイアナ妃、マドンナ、ブラット・ピットも来店

チョコレートやケーキも人気。82_20140408053440b44.jpg  

P1070389.jpg

雰囲気が豪華でフォアグラオープンサンドも
P1070391.jpg  P1070390.jpg

今日最後の予定は「オペラ」90.jpg

演目「Jenůfa/イェヌーファ」(19時開演)
チケットは14,500HUF~600HUFまでピンきり。
歌劇場内の見学を兼ねて、うちはバルコニー席をネット予約(3人で2,400Ft)。
http://www.opera.hu 上着を預けるのに1着200Ft×3つ。
88.jpg  P1070396.jpg

悲劇で残酷でもあるストーリー展開なのだが、娘は引き込まれ
最後まで観たい!!と主張し、結局最後まで観賞。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
11位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。