スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏 9日目 ~ アンティーブ、ピカソ・シャガール美術館

明日トルコに戻るので、今日が動ける最終日。残念ながら雨

朝食後、向かったのは「Antibes/アンティーブ」。m2_20140109064825625.jpg

まずは「Musee Picasso/ピカソ美術館」へ
pi.jpg  pi1.jpg

1946年、ここグリマルディ城でピカソはアトリエを得て、大作に取り組んだ。
実際にアトリエがあった最上階に、作品が展示されている。 撮影は禁止
入場料: 大人 6€ 10~18時 ※9月中旬~6月中旬は12~14時に一時閉館
休館日: 月曜日、他1/1、5/1、11/1、12/25

私が見たかったのは「La Joie de Vivre/生きる喜び」
他サイトからの画像→ joie_de_vivre.jpg

12時には一時閉館で退館しなければいけないため焦ったが一時間ちょっとあり
十分であった。

pi2.jpg  ピカソ美術館

鑑賞後は、隣りある「アンティーブ大聖堂」へ。c_201401090629563d1.jpg

c1_201401090629559ca.jpg  c2_20140109062955c3d.jpg

Marche(プロヴァンス市場)もチェック m_201401090648273f5.jpg

m1_20140109064825f50.jpg  m3_201401090648243ea.jpg

「Socca/ソッカ」(ひよこ豆の粉で作ったクレープの一種)も試食。
m4_20140109064823cd6.jpg  m5_201401090648228dc.jpg

m6_2014010906520233c.jpg  m7_20140109065201cf5.jpg

市場で、貝、ハム、バナナなど、横のパン屋でバゲット購入。

ずっと降り続く雨の中、ニース市内に戻り今度は「シャガール美術館」へ。
Musee National Message Biblique Marc Chagall
入場料: 大人9€ 音声ガイド付き

シャガール美術館1  シャガール美術館

シャガール1  シャガール

2003年にも来た場所だ。
P8210026.jpg  P8210027.jpg

10年前と違うのは、聖書について以前よりは薄いながらも知り
シャガールの作品についてより深く知れるようになったかと思う。
…でも、まだまだ聖書を読み解く知識が深まれば良いだろう。

ここからはシャガール美術館の作品ズラリ…
シャ  シャ1

シャ8  シャ3

シャ4  シャ5

シャ7  シャ9

シャ2  シャ6

シャ10  シャ11

シャ12  シャ13

シャ14  シャ15

シャ16  シャ17

シャ18  シャ19

帰宅後は、私1人バスで中心部のデパートへ。
ステーキナイフなど色々チェック
ナイフ  ナイフ1

€は高いし、売り出しセールは1月8日からでテンションが下がり、何も買わず
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。