スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコでの基礎知識 ~歴史/歴代スルタン

トルコ共和国となってからは90年と短いが、この土地での歴史・文明は
深く長く多様で学び知るにとても興味深い

このアナトリアと言われる地帯には紀元前6,000年頃には人が住み始め、
紀元前1,800年頃には「鉄の民族」として知られる「ヒッタイト人」が
最初の王国を建設する。
その後、ペルシャ、ギリシャ、ローマ帝国、東ローマ帝国(ビサンチン帝国)が
支配。

中央アジアで遊牧民で、西へと移動してきたトルコ民族がこの地に進出したのが
11世紀。初めはセルジュク・トルコが首都をコンヤに置き勢力を伸ばしたが
モンゴル軍に滅ばされる。1326年にはブルサを首都としたオスマン・トルコが
次第に力を増し、1453年にビザンチン帝国を滅亡へと追いやり、アジア、
ヨーロッパ、北アフリカの3大陸にまたがる「オスマン・トルコ帝国」が誕生。
この時のスルタンがメフメット2世で征服王とも言われ歴史上重要人物。
16世紀には最盛期を迎え、この時のスルタン、スレイマン一世も忘れてはならない。
スルタンアフメットジャーミィ(ブルーモスク)やスレイマニエ・ジャーミィの
建造を命じたのもスレイマン一世。

19世紀には衰退し、第一次世界対戦でドイツ側に参戦したが敗戦国となった。
連合軍による国土分割の危機があったが、それを救ったのが今もなお英雄として
トルコ共和国建国の父と言われる「ムスタファ・ケマル・パシャ/アタチュルク」だ。

今回は「オスマン・トルコ帝国」時代のスルタンの系図についてメモ
<Wikipediaの系図より> sultan.png

日本語では「皇帝」または「スルタン」と表記されることが多いが、「スルタン」と
使われるようになったのは3代目のムラト1世から。

1.オスマン1世(1299年 - 1326年)
2.オルハン(1326年 - 1359年)
3.ムラト1世(1359年 - 1389年)※ここ以降、君主を「スルタン」と呼ぶように
4.バヤズィト1世(1389年 - 1402年)
5.メフメト1世(1403年 - 1421年)
6.ムラト2世(1421年 - 1451年)
7.メフメト2世(1451年 - 1481年)※征服王との別名も持つ トプカプ宮殿建設
8.バヤズィト2世(1481年 - 1512年)
9.セリム1世(1512年 - 1520年)
10.スレイマン1世(1520年 - 1566年)※オスマン・トルコ帝国の最盛期
11.セリム2世(1566年 - 1574年)
12.ムラト3世(1574年 - 1595年)
13.メフメト3世(1595年 - 1603年)
14.アフメト1世(1603年 - 1617年)
15.ムスタファ1世(1617年 - 1618年、1622年 - 1623年)
16.オスマン2世(1618年 - 1622年)※父の引退宣言で君主となるがまた父が復帰
17.ムラト4世(1623年 - 1640年)
18.イブラヒム(1640年 - 1648年)
19.メフメト4世(1648年 - 1687年)
20.スレイマン2世(1687年 - 1691年)
21.アフメト2世(1691年 - 1695年)
22.ムスタファ2世(1695年 - 1703年)
23.アフメト3世(1703年 - 1730年)
24.マフムト1世(1730年 - 1754年)
25.オスマン3世(1754年 - 1757年)
26.ムスタファ3世(1757年 - 1774年)
27.アブデュルハミト1世(1774年 - 1789年)
28.セリム3世(1789年 - 1807年)
29.ムスタファ4世(1807年 - 1808年)
30.マフムト2世(1808年 - 1839年)
31.アブデュルメジト1世(1839年 - 1861年)※ドルマバフチェ宮殿建設
32.アブデュルアズィズ(1861年 - 1876年)※ベイレルベイ宮殿建設
33.ムラト5世(1876年)
34.アブデュルハミト2世(1876年 - 1909年)※ユルドゥズ宮殿建設
35.メフメト5世(1909年 - 1918年)
36.メフメト6世(1918年 - 1922年)
37.アブデュルメジト2世(カリフ:1922年 - 1924年)
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

No title

すごーい基礎知識!私も知らないことだらけ。夢枕獏さんの「シナン」読みました?まだだったら、超お勧めです。一文毎に改行されているのが気になったけど、内容はとてもよかったです。

コメント有難うございます!

Tさん、夢枕獏さんの「シナン」は未だ読んでいませんが、近々読みたいと思っている本です。
今はビサンティン時代の本を読んでいて…また後日その時代もザックリとまとめたいと思います。
プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
5位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。