スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブまとめ & 他情報

モルディブ共和国の国旗 maldives.gif
1965年7月独立の時に制定されたもの。

トルコ国旗にもある「三日月」はイスラム教のシンボル。
赤は自由と独立のために流された尊い血の犠牲を、緑は平和と繁栄を象徴している。
イスラム教のスンナ派が国教。住民のほぼ100%がイスラム教徒。
(1153年までは仏教国家だった。貿易の関係でアラブの影響が強まり改宗。)

人口は約30万人だが、毎年それ以上の観光客が訪れる観光地。
首都Male/マーレがある島↓は人口密度が世界一なのだそう。
Male.jpg
スリランカの南西のインド洋に浮かぶ26の環礁や約1,200の島々から成り、
約200の島に人が住む。高温多湿の熱帯気候。

モルディブの通貨はMaldives Rufiyaa/モルディブ・ルフィア(Rf)と
補助単位のLaari/ラーリ(La)がある。1Rf=6.26円ほど(本日レート)
ただ、リゾートホテルや空港では米ドルが基本なようだ。

現地の言葉は「ディベヒ語」だが、リゾートでは英語が通じる。


今回滞在した島ではアルコールNGだったし、空港でもアルコールを
提供する店は無いので、最初から最後までノンアルコールの生活

ただ、空港があるフルレ島にあるホテルではアルコールがあるらしい
「Hullule Island Hotel/フルレアイランドホテル」
http://www.hih.com.mv
アルコールを求め、レストランやバーだけを利用するために訪れる
ゲストもいるらしい。
23時までスパもやっているし、宿泊でなくても、ディユーズで
(22時半までとなるが)部屋を利用することもできるようだ。


日本から来たHさんは、デイトラインという会社のツアーに参加したらしい。

電圧/コンセントは、私が滞在した場所はBFタイプ/220~240Vだった。
Cタイプの場所もあるようだ。

モルディブでは原則、入国時に宿泊先が決まっていないといけない。
時差は日本から4時間マイナス。(日本が正午に、モルディブは朝8時)

リゾートホテルは沢山あるので迷うところ。
移動もスピードボートや水上飛行機など別途かかる。

空港からも近く、お手頃リゾートして家族に人気なのは聞いたところによると
<北マーレ環礁>
「クルンバモルディブ」 http://www.kurumba.com

「バンドス・アイランドリゾート&スパ」
http://www.bandosmaldives.com

クラブメッドなどもキッズプログラムが充実しているようだ。
行っていないから実際のところは??だが。

<南マーレ環礁>もスピードボートで移動できるリゾートがほとんどなので
水上飛行機よりは移動費はお得はなずだが、これは各リゾートによって
設定料金が全然違うので要チェック。日本からパッケージツアーであれば
含まれている場合がほとんどなので心配無用だが。


南アリ環礁へは水上飛行機での移動となるが(1人往復400ドル~)
オールインクルージヴ(毎日マッサージ付き)の人気リゾートも。
「センタラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ」
http://www.centarahotelsresorts.com

バー環礁の「アナンタラ・キハヴァ・ヴィラズ」は水中レストランが素敵
http://www.anantara.com
リゾートによっては、子供NGの場所もあるのし、子連れに方は
キッズサービスが充実している場所への滞在が良さそう。

ベストシーズンとしては、乾季の11~4月らしい。

モルディブを形成する「環礁」とは、サンゴ礁に囲まれた火山島が、地盤沈下や
風化によって、島だけ沈み、サンゴ礁がリング状に残ったもの。
そこに砂が集まり、現在の島々ができたのだそう
海抜の最高が2.4mという平坦な地形であるため、近年の海面上昇と珊瑚礁の死滅により、
国土が消滅する危険にさらされている。
1m海面が上昇すると国土の80%が失われるらしい

現在モルディブにあるリゾート島は100以上。
どの島も国から企業にリースされたもので、年数や建築方法など、
リースには細かい規定があり、国によって管理されているらしい。

今回、我々が持参した物の一部をご紹介すると…

粉末の青汁(緑の野菜不足の食生活を予想して)
日焼け止めクリーム
ラッシュガード&水着
帽子&サングラス ※日差しが強いのでこれは必需品
水中カメラ(サーフィン中の主人の姿もボードに取り付けて撮影)
虫よけ
常備薬(正露丸やバファリンなど)
洗剤(滞在中に洗濯したので)
コーヒーセット(スタバのコーヒー豆、フィルターも)
ノンカフェインのティーバック(ローズヒップやカモミール)
ビスケットや煎餅
シュノーケル&フィンのセット4人分
子供たちの学習用具、本
トランプ、かるた、アルゴ、ルービックキューブ
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。