スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みスタート! 屋久島へ

4週間、日本での学校生活を満喫した子供たち
作品  終業式

一日も休まずに本当によく頑張りました終業式1


いよいよ夏休みの本格スタート
初日、7月20日には福岡に移動
まずは広島で本屋に二時間立ち寄って… 本屋

広島駅  新幹線

ゆったり各駅停車の「こだま」で移動するとガラガラ新幹線2
広島=福岡は往復大人14,000円、小学生3,000円の「こだま限定きっぷ」を
前日までに予約しておくとお得。指定席なので席もゆったり。

博多駅すぐ前のホテルに滞在して…夕食は駅ビル内のラーメン
都ホテル  ラーメン

7月21日は博多駅からバスに乗って…博多駅

「キャナルシティ博多」をチェック
キャナルシティ  キャナル

10時~18時まで一時間ごとにちょっとした噴水&音楽融合
夏休み特別期間でステージ内は、ずぶ濡れになれるスプラッシュイベント開催中
子供たち大喜び
キャナル1  キャナル2

子供たちが見つけてしまったラーメン屋…またまただけど
一蘭  一蘭ラーメン
ラーメン屋「一蘭」で昼食

徒歩でホテルまで戻り、地下鉄で福岡空港へ。博多駅2


福岡13:05発のJAC3671便で屋久島へ福岡空港
2人分はマイレージ交換が可能だったので、1人分だけオトモでマイルで購入。

飛行機…かなり小さかった。福岡空港1

そして無事屋久島空港に到着。屋久島空港1

屋久島空港では、レンタカーを予約済だったので、空港出口で
お出迎えしていただき…手続きを済ませ早速移動
今回はオートマ&カーナビの禁煙車、免責補償はフルカバー加入。
※狭い山道での移動を考えると、軽自動車がベストと思いそうした。
 → 結果、大正解

最初に向かったのは、「屋久島環境文化センター」
屋久島文化村センター  屋久島文化村センター1
ここでの地形や歴史、屋久杉についてなど沢山のことを学べる
大型映像ホールで屋久島の自然映像(25分)も鑑賞。

屋久島について学んだ後は、一日目の宿である民宿へ移動。
民宿  民宿1
そして早速、水着に着替えて「永田いなか浜」へ海水浴
いなか浜  いなか浜1

とってもキレイな浜 いなか浜3

この浜ではウミガメの産卵(5~7月)の時期、産卵見学ができる。※要予約。
http://umigame.refire.jp/
協力金は大人800円

泊まった民宿では予約等アレンジをお願いできるし、手料理も美味しくアットホームで
素敵な宿だった
民宿2  民宿3

食事をしながら美しい夕日鑑賞
夕日  夕日1

夜は20時前にウミガメ鑑賞の受付をすませてルール・説明を受けて
ウミガメが産卵体勢になるのを待って移動。

目の前で、アカウミガメが何個も卵を産む姿を見ることができた
(写真撮影は不可)
孵化した子ガメがヒョコヒョコ海へ向かうのにも遭遇した。

22時過ぎに宿に戻り、翌朝4時過ぎにも希望者は産卵見学に連れて行って
あげるよ…と宿主に言っていただいたが…山歩きもあるから体力温存のため
早朝のウミガメ産卵の見学は断念。

すっきりした目覚めの子供たち
早朝 

朝食後、チェックアウトをしてすぐに「白谷雲水峡」へ向かった。
途中の展望所スポット
東シナ海1  東シナ海

宿から一時間ほどで「白谷雲水峡」入口に到着。
2.5リットルの水分と昼食を持って早速山歩き開始。
白谷  白谷1

白谷2  白谷3

言葉にはできない、癒しと自然の素晴らしさ
白谷4  白谷5

白谷6  白谷7

白谷雲水1  白谷雲水2

白谷雲水3  白谷雲水4

最後もう少しで白谷雲水峡の奥にある「太鼓岩」だ!白谷雲水5

素晴らしい光景がそこにあったので、歩き疲れも吹っ飛んだ。
太鼓岩  太鼓岩1

太鼓岩2  太鼓岩3

到着後は昼食のおにぎりが最高に美味しかった!
太鼓岩4

屋久鹿や屋久猿にも遭遇。
鹿1  鹿

白谷  白谷1

白谷3  白谷橋

よく歩いて頑張ったね。白谷2

白谷雲水峡を堪能した後は、反時計まわりに、西部林道へ
林道ドライブ  林道
自然魅溢れる素敵なドライブコース。
対向車が来ても狭い道ですれ違う運転に自信がある方におススメ。
林道さる  林道猿

屋久島で最大級の滝「大川の滝」(落差88m)にも立ち寄った。
大川の滝

大川の滝1  大川の滝2

大川の滝3

湯泊温泉へ
ここは露天風呂で、水着不可なので外から丸見え
入浴には100円
温泉  温泉3
奥には水着で入浴できる温泉もある。が、娘は海の方が楽しいらしい。
温泉1  温泉2

22日の宿は屋久島南部の海沿いに建つ「JRホテル屋久島」へ。
宿

夜には予約不要のプライベートでのウミガメ産卵見学に栗生海岸まで出かけた。
そこでは子ガメが孵化して砂浜から這い上がってくる瞬間、そして
海へと泳ぎ去っていくところを見ることができた
子亀  子亀1

宿は温泉の大浴場が素晴らしい!ので、夜入浴一回だけでは勿体無い!!
ということで、翌朝も入浴朝食の前と後の二回も
風呂2  風呂
皆さん山歩きに行って不在なのか!?貸切状態
(だから写真が撮れたのである)

最終日は「ヤクスギランド」へ行ってみることに。
宿からは一時間ほど。
駐車場近くには鹿を発見。人に慣れている!?ヤクスギランド

駐車場誘導員の地元のおじさま推薦の80分コースを歩くことに。
ヤクスギランド1  ヤクスギランド2

ヤクスギランド3  ヤクスギランド4

ヤクスギランド5  ヤクスギランド6

ヤクスギランド7  ヤクスギランド8

ヤクスギランド9  ヤクスギランド10

別の「くぐり杉」もくぐり杉

ヤクスギランドは歩きやすく整備されている。あっと言う間にコース終了。
その後は、更に上に車で20分ほどにある「紀元杉」を見に行くことに。
紀元杉
推定樹齢3,000年の紀元杉。これぞ屋久杉!という圧倒的な存在感。
紀元杉1  紀元杉2

飛行機までもう少し時間に余裕があったので空港への道中にある
「屋久杉自然館」へ。
屋久杉館  屋久杉館1
http://yakusugi-museum.com/

屋久杉館2  屋久杉館3

屋久杉館4

天気に恵まれて、最高に充実の「屋久島旅行」となった
いつか縄文杉のコースを今度は主人も一緒に家族4人で行けるといいなぁ

レンタカーを返却後はJAC3670便、屋久島15:45発で福岡へ
復路  復路1
博多駅からは17:42発ののぞみで急ぎ広島へ
※こだま限定切符だったので、特急券だけ買い直し。

こだまに乗ると実家への船に間に合わなくなるのでやむなし。
無事に7月23日に帰宅後はすぐに息子のキャンプへ行くための支度
大きい荷物は現地へ宅配

24日は実家から近い海水浴場で私の従兄の娘たちと海水浴
海  海1

海2  海3

大好きなブルーベリーのかき氷 かき氷

広島での最後の夜はウチの庭で手持ち花火
花火  花火2

花火1

実家の入口から家に向かうまでの道を、学校からの帰り道
子供たちが寂しくないようにと、両親がひまわりを植えてくれた。
ひまわり

25日そのキレイなひまわりの前で写真を撮って東京へ飛んだ
スポンサーサイト

テーマ : 帰国日記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。