スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レ・ミゼラブル」鑑賞

今日は「Kanyon」へHさんと行き、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞。
この映画は絶対に映画館で観たい!と思っていたので
料金は大人1人 11.5TL(600円ほど)と安かった
午前中スタートのShowだからかな??
アクメルケズでは15TLって聞いたけど…。
トルコでは映画館や作品によっても料金が違うらしい。

映画の中間で10分の休憩がはいるのがトルコ流

さて、感想は…舞台は舞台の、映画は映画のそれぞれの良さがあり楽しめた
lemise.jpg

舞台とは違い、役者がメイクや痩せたり太ったりをコントロールして
シーンを撮影できる「映画」。スケール感やリアルさもあって、舞台とは
また違った意味ですごく感動した。

舞台の一体感や完成度から行くと、このミュージカルを映画化…は不満を
持つ方も多いかと想像できるけど…。

ヴィクトル・ユゴーの原作を読んで
次に舞台を何度か鑑賞し歌や作品を理解してから、この映画を観る…という
順でないと映画だけをいきなり見ても、把握できない部分も多いように思う。
舞台では描けないシーン設定など、映画ならではの解釈も新しく面白かった。

舞台と映画どちらが好みかは人それぞれでしょうが、私はどちらも
違いや共通点を比較しながら楽しめてそれぞれ良かった

昨夜2010年ロンドンO2で25周年記念に公演されたDVDを鑑賞して映画を観たので
エポニーヌ役が同じ(サマンサ・バークス)で、その発見も楽しかった

もっともっと感想は各役者、設定等色々と溢れているけど…とりあえず〆。

P.S.
アカデミー賞助演女優賞を受賞したのは納得。
ファンテーヌ役のアン・ハサウェイ…。
歌唱力も演技もすごすぎる…。
元々細身の彼女が、役作りで5週間で11㎏の減量をしたと聞いて…
5週間で1㎏も中々落とせない自分が甘すぎる!と反省





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。