スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘンでラーメン屋、クリスマスマーケット、ビアホール♪

ミュンヘン中央駅に予定より遅れて到着してから、ミュンヘン市内一日券を購入。
(2~5人で使えるパートナー券10.6€)
地下鉄U4/5に乗り「Westend Str.」駅へ。宿に荷物を置いてから、まず向かったのは…
中央駅でU2に乗り換え2つ先の「Theresien Str.」駅。
ら  ら1
地上に出ると、どっちの方向がどっちだか??十字路で、写真のような寺院が見える方に
1ブロック行き左に曲がり2ブロック目角か、写真の寺院に向かって左の道を2ブロック行き
右折して1ブロックかでラーメン屋「匠/たくみ」に到着。
ら2 匠特製味噌ラーメン12.8€
他餃子も食べて幸せ http://www.takumi-noodle.com

ミュンヘンのクリスマスマーケットがある中心部、マリエンツ広場へ。
みゅ  みゅ2

みゅ4  みゅ5

なぜかブルーベリーを買って食べる子供たち。笑。みゅ1  

美味しいホットワインの作り方を聞いたらこの調味料がいいらしい。
みゅ3
ZIMT…って?何?と思ったら「シナモン」のことだった。

赤ワインの他に、オレンジ(お好みでレモン汁やリンゴなども)、シナモン、
クローブ1粒、砂糖が王道レシピのようだ

アルコール分が飛ぶので、後からブランデーなどを入れたりするケースも。
私は後からアルコールは足さないままでちょうどいいなぁ。

みゅ6  みゅ7

みゅ8  みゅ9  

バイキング風の方も沢山あらわれた みゅ91

夕食はミュンヘンのビアホールで有名な場所へ。
「Hofbraugaus/ホーフブロイハウス」
http://www.hofbraeuhaus.de
h_2013120422023581a.jpg  h1_20131204220234fbe.jpg

私は独身時代1人旅行で来たことがあるもう15年くらい前
h2.jpg  h5.jpg

満員過ぎて、席を見つけるのが大変
店員も態度悪い方にあたってしまったけど、気にせず飲む
1ℓ7.6€…飲めるかな??と思ったが…余裕であった
h3.jpg  h4.jpg

夕食後もマーケットをウロウロ。ツリーが素敵だ
tree1_20131204220840b77.jpg  tree_20131204220841f9e.jpg 
 
またソーセージ&パンkuri.jpg

pe.jpg

余談だが、Appleストアがあったので「iPhone」のドイツでの値段をチェック。
iphone5.jpg
4Sが8GBで399€、5Cが16GBで599€、5Sが16GBで699€…。
免税手続きで10%ほどは!?返金されるだろうが…安くない
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ニュルンベルク 2日目

宿で朝食を済ませた後は、「St.Lorenz-Kirche/聖ローレンツ教会」へ
教会  ろ  
13~15世紀にかけて建てられたゴシック様式の教会。
内陣天蓋から下がっている大きな受胎告知のレリーフは彫刻家
ファイト・シュトスの傑作と言われている。
大人1€、子供0.5€
パイプオルガン演奏の練習中で、しばらくこの場で観賞。
ろ1  ろ3

ろ2  ろ4

おもちゃ屋の前を通りながら中心部へ。1


旧市街/町の中心を東西に横切る「Pegnitz/ペグニッツ川」
2  3

4  5

6  く

く1  く2  

く3  く5

ニュルンベルクのクリスマスマーケットがある中央広場のシンボルとも言える
「Frauen Kirche/フラウエン教会」(聖母教会)へ
ふ3  ふ

ふ1  ふ2

ふ4

昨日は迷って買えなかった置き物を購入(24.9€)。
ロウソクで上の羽根のような部分と下がクルクル回るはずなのだが…
ロウソクで試しても…回らない 残念
2_2013120617395938b.jpg  1_20131206173958ddf.jpg

中央広場周辺を満喫した後は「Konigstr./ケーニヒ通り」を南下。
鉛筆など文具老舗メーカーをのぞいたり く6

食器店やストリートパフォーマンスを見ながら…く7
このアコーディオンの人…只者じゃない!と思ったら、
ポップアコーディオン奏者のIvan Hajek 昨夜も今日も聴けてラッキー

気になったのは黄色い飲み物。
た0  た

た1  た2
ドイツの伝統的なクリスマスの卵酒!?「Eier Punsch」
白ワイン、卵、砂糖、バニラ糖、シナモン、クローブなどで作るようだ。

あったまる~が、アルコール度高いからラム酒も加えているっぽい。
4€+容器3€(容器は返却すると返金される仕組み)

宿に預かってもらっていた荷物をピックアップしてから駅へ。
駅

ニュルンベルグ→ミュンヘンへ移動の電車、大人2人、子供2人のファミリーチケットを
自販機で購入。(108€)12:27発の電車だったが…10分ほど遅れて出発
Train_20131204205603d6e.jpg  Train1_201312042056029ef.jpg
サッカーファン!?のドイツ人若者グループがビールをガンガン飲み
大声で歌ってうるさかったが、息子は平気で爆睡









テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ニュルンベルクのクリスマスマーケット♪

普段、イスラム国で禁豚生活をしていると…脱出して食べたくなっちゃう

トルコでこれまで過ごした3回の冬は、本場ヨーロッパのクリスマスマーケットに
行くことなく過ぎてしまったので…今年こそは!と計画

朝6時半に家を出発。ラウンジで朝食 ラウンジ  

出発  出発1
8:50発のトルコ航空TK1503便でドイツ・ニュルンベルク10:45到着
びっくりしたことに、前回モルディブで復路同じ飛行機だったトルコ人家族と
今回の飛行機も同じで…娘同士がお互いを覚えていたので挨拶した

機内で1時間待たされて到着が遅れニュルンベルクの空港駅を12時近くに出た。

空港から町中の中央駅までは地下鉄で8駅12分ほどと近くて便利。
自販機で7.4€で購入。(片道大人2.5€、子供1.2€)
N_201312041651048d7.jpg  N1_20131204165104c26.jpg

ニュルンベルク中央駅前にて。N2_20131204165103a8b.jpg
ドイツで初めて鉄道が開通したのが、ここニュルンベルクとフュルト間。
ドイツ鉄道発祥の地だけに、ドイツでの屈指の展示を誇る交通博物館
「DB Museum」がある。が、今回時間がないのでスルー
http://www.dbmuseum.de

毎年11月最後の週末あたりからクリスマスイブまで開催される
ニュルンベルクのX'masマーケット。
今年はちょうど本日11月29日(金)から開催 ※街により違う
http://www.christkindlesmarkt.de/
マーケット開催時間は10~21時まで。最終日12月24日は14時までらしい。

まずは駅から「職人広場」を通り抜け…
N3  N4
ここでもクリスマスマーケットが
N5  N6
「職人広場」は旧市街の入口にあり、小さな木組みの家が並び中世の世界が
再現されている可愛い空間

とにかく宿へ。今回泊まった「Hotel Continental」
場所は駅にも町中にも近く便利だが、ホテル自体はおススメできない

荷物を置いて…早速お出かけ
途中「Istanbul」レストランだ!N7
ここでは食べません!

昼間と夜とで違う雰囲気の街並み
N8  N8夜

N9  N9夜

お腹が空いたので、まずはランチ!!!
ニュルンベルクソーセージ専門店で有名な評判店
「Bratwursthausle/ブラートヴルストホイスレ」
http://www.bratwursthaeusle.de
tel:(0911)227695 
そ6  そ1
ソーセージもビールも最高に美味しいおかわり!!
そ2  そ3

そ4  そ5

子供たちも大満足 そ

神聖ローマ皇帝の居城で、12世紀に基礎が築かれ、15~16世紀に現在の形になった
「Kaiserburg/カイザーブルク」へ徒歩。
http://www.schloesser.bayern.de/deutsch/schloss
か  か7

テラスからは町を一望できるし、大きなモミの木もある。
か3  か2

か4  か5

か6 

展示室の後は塔へのぼってみることに。
か1  か8
階段を数えてのぼると…112段だった。

か9  か91
全長約5kmの城壁で囲まれている中世のこの町並み…
第二次世界大戦では町の90%近くが破壊されたらしい。
か92

が、昔の姿が忠実に復元され、レンガ色の町並みや石畳の坂道、教会が
よみがえって今がある。

敷地内にある井戸も見学。か93

か94  か95

カイザーブルクの後は、クリスマスマーケットをたっぷり堪能
ほ2  ほ1

まずはホットワイン ほ
4€+容器2.5€(容器を返却すれば2.5€返金される仕組み)

お昼を食べた店前には屋台もにゅ
パンにニュルンベルクソーセージが3本挟んであって2.5€とお得また食べた

オープンニング式ですごい人く

く3  く4

く1  く5

く6  く7

マーケットの他、おもちゃ店なども見ながら夕食のレストランに向かった。
く8  く9

くり  

寒い中サンタさんも発見。くり2

夕食はワインが美味しいらしい地下酒場へ。
「Nassauer Keller/ナッサウアー・ケラー」
http://www.nassauer-keller.de
tel:(0911)225967

な4 聖ローレンツ教会斜め向かいで小さな扉。

な3  な2

13世紀のロマネスク様式が残るワインケラー
フランケンワインと料理が味わえる。
な  な1

食後外に行くと…まだサンタさん演奏中。くり3

コインを入れると「Ho!Ho!Ho!」と挨拶してくれた。笑。

くり4  くり5

一年中クリスマスグッズでいっぱいのお店「Kathe Wohlfhrt」
息子はこのオーナメントを気に入り購入。くり1

くり6  くり7

くり8  くり9
考えてみると…家族写真を一枚も撮らなかった
くり91  くり92

くり93  くり94

くり95  くり96

くり97  くり98

くり99  ぺ


くり991  くり992

よく歩き、よく食べて、大満足の一日 くり993

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

Fat Burgar

今日は子供たちの通う学校MEFがお休み。
「お休みになる」って連絡が先週後半に校長よりメールで来た。

…もっと早く教えてくれたらいいのに!
トルコ政府(文部省のような管轄)が、急に今日をお休みにするって決めたそうだ

とにかく小学部のお友達を誘って、気になっていたバーガー屋へ
「Fat Burgar」
http://www.fatburger.com
fat1.jpg
シングルバーガーは15TL。チーズ(1.5TL)を追加して。
ポテトとドリンクをつけるセットメニューにして合計22.5TL。
現地物価を考えると中々お高いバーガーである。
  
ホットドッグは牛100%で切ってある。fat.jpg


日本には未上陸のアメリカのバーガー専門店。
トルコには今年上陸してタクシム(Tunel)店に続いてレベント店がOPEN。
そして今月にはシルケジ店も開店のようだ。

ランチの後は、メトロシティでボーリングをして(1回10TL)、
アイススケート(一人20TL)をして帰宅。楽しく充実の一日になり良かった
ボーリング

夜は急ぎ明日からの旅行荷造り

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

写真注文へ

ここ数日バタバタ…。

昨日はFさん、Tさん、Yさんの女4人でイスティニエパークへ。
館内ぶらりして、お昼はカフェでスープランチして楽しいオシャベリ
クリスマスっぽい感じが館内にも出てきた!? IP.jpg


今日はMさん、Sちゃんの女3人でBebekの「CHILAI」へ。(場所・そこでの記事はコチラ

食後は子供たちの学校へ行き、写真を注文。写真

夕食はサラダ、魚介のパスタ、サーモンのムニエルなど

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

H家のお見送り

今朝、主人は7時前に家を出てサッカーへ。

息子のサッカーは、いつもより早く8:45集合で、9:15~ウスキュダルの
クラブチームと20分だけ試合形式を体験。
動きはまだまだだが本人なりに頑張り楽しくできたようで良かった。
サッカー


昼食を済ませた後は、エミルギャンに住むEMちゃんと、
習い事終わりのAちゃんをお迎えに行き、ウチでプレイデート。

後半は家で映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」を鑑賞したらしい。

息子と私は、H家が本帰国するので、お見送りのためウルスへ。
子供だけで何人いただろう??盛大に皆で記念写真

「また逢う日まで」
h1.jpg  hara.jpg

h.jpg

帰宅後は私なんだか…しょんぼりで…主人が夕食を作ってくれた!?
(魚を焼いてくれただけだが
後片付けが大変だったけど人が作ってくれるものは美味しい

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

旧市街へぶらり

今朝、いつも通り息子はサッカーへ行った後は、お天気も良いのでお出かけ。
バスとトラムで旧市街「シルケジ」駅から徒歩2~3分ほどの「ジャーケバブ」で
昼食 (ジャーケバブ屋の場所詳細、記事はコチラ
ジャー  ジャー1

家用にピスタチオロクムやドライいちぢくを買ったりタイルを物色して
オヤツは焼き栗(5TL)や栗

トルコのお菓子Tulumba(1TL)を食べて…
菓子1  菓子

「リュフテムパシャジャーミィー」を見学。もう20回くらいは来ているかな。
(最初に行った時の記事はコチラ
りゅ やっぱりここのタイルは見ごたえある。  

りゅ1  りゅ3

りゅ4  りゅ2

ヒルをみたりしながら…ひる

一昨日行った「Yeni Camii」にもう一度じっくり行ってみたくて
行ってみた。(その時の記事はコチラ
y3.jpg  y4.jpg

あっと言う間に夕方エミノニュ

渋滞もあったりで復路は一時間半ほどもかかり18時帰宅

急いで一時間で夕食作り
ばら寿司、サーモン刺身、きゅうり・春雨・ワカメの酢の物、ひじき・大豆・人参の煮物など。


テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

トルコでの基礎知識 ~歴史/歴代スルタン

トルコ共和国となってからは90年と短いが、この土地での歴史・文明は
深く長く多様で学び知るにとても興味深い

このアナトリアと言われる地帯には紀元前6,000年頃には人が住み始め、
紀元前1,800年頃には「鉄の民族」として知られる「ヒッタイト人」が
最初の王国を建設する。
その後、ペルシャ、ギリシャ、ローマ帝国、東ローマ帝国(ビサンチン帝国)が
支配。

中央アジアで遊牧民で、西へと移動してきたトルコ民族がこの地に進出したのが
11世紀。初めはセルジュク・トルコが首都をコンヤに置き勢力を伸ばしたが
モンゴル軍に滅ばされる。1326年にはブルサを首都としたオスマン・トルコが
次第に力を増し、1453年にビザンチン帝国を滅亡へと追いやり、アジア、
ヨーロッパ、北アフリカの3大陸にまたがる「オスマン・トルコ帝国」が誕生。
この時のスルタンがメフメット2世で征服王とも言われ歴史上重要人物。
16世紀には最盛期を迎え、この時のスルタン、スレイマン一世も忘れてはならない。
スルタンアフメットジャーミィ(ブルーモスク)やスレイマニエ・ジャーミィの
建造を命じたのもスレイマン一世。

19世紀には衰退し、第一次世界対戦でドイツ側に参戦したが敗戦国となった。
連合軍による国土分割の危機があったが、それを救ったのが今もなお英雄として
トルコ共和国建国の父と言われる「ムスタファ・ケマル・パシャ/アタチュルク」だ。

今回は「オスマン・トルコ帝国」時代のスルタンの系図についてメモ
<Wikipediaの系図より> sultan.png

日本語では「皇帝」または「スルタン」と表記されることが多いが、「スルタン」と
使われるようになったのは3代目のムラト1世から。

1.オスマン1世(1299年 - 1326年)
2.オルハン(1326年 - 1359年)
3.ムラト1世(1359年 - 1389年)※ここ以降、君主を「スルタン」と呼ぶように
4.バヤズィト1世(1389年 - 1402年)
5.メフメト1世(1403年 - 1421年)
6.ムラト2世(1421年 - 1451年)
7.メフメト2世(1451年 - 1481年)※征服王との別名も持つ トプカプ宮殿建設
8.バヤズィト2世(1481年 - 1512年)
9.セリム1世(1512年 - 1520年)
10.スレイマン1世(1520年 - 1566年)※オスマン・トルコ帝国の最盛期
11.セリム2世(1566年 - 1574年)
12.ムラト3世(1574年 - 1595年)
13.メフメト3世(1595年 - 1603年)
14.アフメト1世(1603年 - 1617年)
15.ムスタファ1世(1617年 - 1618年、1622年 - 1623年)
16.オスマン2世(1618年 - 1622年)※父の引退宣言で君主となるがまた父が復帰
17.ムラト4世(1623年 - 1640年)
18.イブラヒム(1640年 - 1648年)
19.メフメト4世(1648年 - 1687年)
20.スレイマン2世(1687年 - 1691年)
21.アフメト2世(1691年 - 1695年)
22.ムスタファ2世(1695年 - 1703年)
23.アフメト3世(1703年 - 1730年)
24.マフムト1世(1730年 - 1754年)
25.オスマン3世(1754年 - 1757年)
26.ムスタファ3世(1757年 - 1774年)
27.アブデュルハミト1世(1774年 - 1789年)
28.セリム3世(1789年 - 1807年)
29.ムスタファ4世(1807年 - 1808年)
30.マフムト2世(1808年 - 1839年)
31.アブデュルメジト1世(1839年 - 1861年)※ドルマバフチェ宮殿建設
32.アブデュルアズィズ(1861年 - 1876年)※ベイレルベイ宮殿建設
33.ムラト5世(1876年)
34.アブデュルハミト2世(1876年 - 1909年)※ユルドゥズ宮殿建設
35.メフメト5世(1909年 - 1918年)
36.メフメト6世(1918年 - 1922年)
37.アブデュルメジト2世(カリフ:1922年 - 1924年)

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

Yeni Camii / イェニ・ジャーミィー

今日はグランドバザールの後、エジプシャンも散策して
贈り物や他、家用にナッツ・おつまみを調達。
mame_20131122163913ea9.jpg

エジプシャンで一際大きなモスク「Yeni Camii」を見学
P1050452.jpg

ガラタ橋を旧市街側に渡りすぐにその存在感で目をひきつけるモスク。
「Yeni/イェニ」とはトルコ語で「新しい」という意味だが、完成したのは1663年。
ムラト3世の妻、サーフィエ・スルタンによって建造が開始されたのが1597年。
設計は建築家Mimar Davut Ağa(ミマール・ダウード・アー)による。
P1050448.jpg  P1050450.jpg

中央ドームの高さは36m、直径17m。
敷地内にはメフメット4世(彼の時代にこのモスクは完成)の霊廟がある。

他のサイトから写真を拝借→yenicamii.jpg

スルタンアフメット・ジャーミィのような観光客が多いモスクと違い、ここは
お祈りに来る信者がほとんどである。

建築様式はオスマン・トルコ様式で中庭の「清めの泉」はイスタンブールで最も
美しいものの一つと言われているらしい。後日またゆっくり鑑賞しに行きたい。

<後日談>
…そして二日後、主人と息子とで再び「Yeni Camii」へ
気になった中庭や「清めの泉」はそれほど大きくはない。
y1.jpg  y.jpg

y5.jpg  y6.jpg

y7.jpg

夕暮れの「Yeni Camii」y2.jpg

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

Keskin Color / ケスキン・カラー

ずっと話には聞いていたトルコらしいカードが種類豊富なお店へ。

「Keskin Color」 ケスキン
http://www.keskincolor.com
Ankara Cad. Muhsirbaşı Sok No:6
SİRKECİ 34420
tel:(0212)514-1747

トルコ国内に6店舗あるようだが、ここが一番ウチからやイスタンブールの観光客には
行きやすい場所だ。

2階にはカードがズラ~リ
ケスキン1  ケスキン2

ケスキン3  ケスキン5  

英雄アタチュルク氏のカードも沢山。ケスキン4

私はカードや、マウスパッドをお買い上げ ケスキン6

会計は一階でする。ケスキン7  

シルケジ駅からだと国鉄駅を背にして左、アンカラ通りを坂をのぼるように進み
菓子店「KOSKA」の向かいにある「Turkcell」を入って20mほどの右手。
ケスキン8

トルコらしいカードで可愛い


テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。