スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンスィズ諸島~Buyuk Adaに再び

昨年にも行ったプリンスィズ諸島で一番大きい島「Buyuk Ada/ビユックアダ」
(そのときのブログはコチラ

今年も海水浴を兼ねて遊びに行くことに
ada.jpg  ada2.jpg

船が到着後は、昨年も行ったビーチに小舟で渡った。(往復1人15TL)
ada3.jpg  ada4.jpg

風があって、泳ぐにはちょっと肌寒い日…私は1人泳がず見学派。
読書したりのんびりして過ごして夕方5時にお迎えの小舟でまた港へ。

カバタシュまで1時間20分ほど。(片道5TL)
そこからはバス58Nで、帰宅

主人は「またキャンプしに来よう!」と言っているが…どうなるかな??


スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

やっと復活!

4日間高熱と下痢に苦しんだ息子がやっと復活

今日は海沿いBebekまで、ブランチにホットケーキを食べにお出かけ。
子供を一度は連れてきたかった「mangerie」へ
(場所詳細、以前のブログはコチラ
美味しい!と大喜びmangerie_20120903234642.jpg

食後は運動も兼ねて近くの公園へbebek.jpg

水曜日のオルタキョイパザールやスーパーで買い物後は、友達宅へ行き
新しく駐在でトルコにいらした方をご紹介いただいた

来週から娘と同じ学校、学年(Grade4)に通うことになったAちゃん。
楽しく遊べたようで、良かったね

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

Aさんとのお別れ

アルナブットキョイでのクラフト教室や、テズヒップ(細密画)の
習い事でご一緒していたAさんが今月末に本帰国となった。

駐在生活の宿命である「お別れ」がまた一つ
いやいや、でもまた日本で会えますね

引っ越しやらもあり、時間が無い中、近所のカフェレストランで
ご一緒する時間を作ってもらえた

食事は「VOX」にて。(場所詳細は以前のブログ、コチラ
vox_20120903194734.jpg
一緒のメニューでローストビーフサンドイッチ(19TL)を注文。
これ…サンドイッチじゃないけど…まぁいいか。

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

息子、発熱と腹痛・・・

金曜日にアメホス(Amerikan Hastanesi)で、娘の整形外科診察完了!と
病院にお別れしたばかりだが…その日の夜に急に息子が発熱
夜中39度をこえたまま

普段なら、発熱しても翌朝には復活する息子だが、今回は違った

土曜日でも診療してもらえる「Amerikan Hastanesi」へ連れて行くことに
点滴をしてもらい、ドクターによると喉に何らかのウィルスが感染したのだろう…
ってことで薬を処方してもらい帰宅。

熱は下がらないまま土曜日の夜中も高熱。
本人は「お腹が痛い」と言い、ひどい下痢。これは喉ではないだろう…。

日曜日もずっと下痢が続き、結局再度「Amerikan Hastanesi」へ
便を検査してもらうことに。が…結果が分かるのに三日かかる

そして別の薬を処方された。
med.jpg
水に溶かして飲むタイプ。
まずいらしいが、抗生物質は10日間飲み続けなければ。
頑張って治そう!

※後日談、結局4日間して復活
健康のありがたみが本人も身にしみたようだ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

娘、初めてアメホスへ

トルコに駐在して早くも二年が過ぎた。
そして娘がアメリカンホスピタル(略して「アメホス」と呼ぶことが多い)に
初めて行ってきた。(弟の付添で行ったことはあったが、本人診察は初めて)
「Amerikan Hastanesi」
Guzelbahce Sokak No:20,
Nisantasi, Sisli 34365
tel:(0212)444-3777
http://www.amerikanhastanesi.org

7月下旬に実家の庭端から1.5mほど転落し、右の上腕部を骨折してから4週間近い。
ちゃんとまっすぐに骨がくっついているか(まがっていると後々大変なので)
トルコで経過確認のレントゲンを撮って診察してもらうように、日本でお医者様から
言われていたため、行ってきたわけだ。

受付で事情を説明し、案内されたのは「Ortopedi」。つまり整形外科。
アメリカンホスピタル
予約なしで10時半過ぎに行って、10分も待たずにすぐ診察してもらえた。
X-ray撮影し、骨折部が順調にくっついていることが確認できた。一安心だ
(ちなみに診察料は250TL、X線撮影費は151TL。)

ピアノのレッスンも早速今日午後再開
「自由形で泳ぐのはあと2~3週間待って」とのことだったが、平泳ぎとか
通常の生活には戻って良いとのこと。通院も不要

午後はプールも存分に楽しんだ

もうアメホスに行くことが無いよう願う




テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

息子集中!?

久しぶりにK君と一緒に遊べて喜ぶ息子。

プールで泳いだり公園で遊んだり、マンション敷地内でのんびり。

娘は2歳のときに夢中になっていた「紐とおし」
ひもとおし
息子今も夢中になるときがある。

ママに似合う首飾りを作っている最中だとか
今度本物のビーズで作ってもらおうかな

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

クロアチア最終日

最終日はゆっくり朝食を楽しみそしてお土産に
クロアチアワインや石鹸を購入。そして荷造り。

余談だが、ドブロヴニクの観光…「Dubrovnik Card」というのが
観光客用に発行されているらしい。
一日券が130Kn。これにバス24時間乗り放題(通常は30Kn)と城壁(70Kn)他
5ミュージアム&2ギャラリーの入場券、150ページのガイド本、お店などの割引券が
ついてくる。そしてこのCardを持っていると12歳以下の連れは無料となるらしい。
これって…城壁が通常大人70Kn,子供30Kn×2人だった私は、買っておいて
損は無かったわけだ。後で知ったから意味なしだったが

小さな空港で、フライトが少ないためチェックインはスムースですぐ終了。
12:50発でザグレブに移動822air.jpg

ザグレブの空港では2時間ちょっと待って、プロペラ機でイスタンブルへ

予定通り戻れて20時過ぎに帰宅
主人が夕食にパスタを作っていてくれたのを感謝していただいた

そして食後は片付けと洗濯の山
私の水着と子供のゴーグルが無いこと発覚
でも良い旅だった

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

5日目、スルジ山や他いろいろ

今日、主人は仕事でイスタンブルに戻らねばならず…
(子供と私はもう一日長く残ることにした)
一緒に過ごせるのは午前中だけ

城壁沿いの海で泳ぐか、スルジ山にロープウェイであがるか
どちらがいいか子供に聞いたら「ロープウェイ!」と

そこで、旧市街を一望できる標高412mのスルジ山へ行くことに。
ブジャ門をちょっと北に行った場所に乗り場がある。
(空港へのシャトルバスはここにあるバス停から出る)
821siruji.jpg  821siruji2.jpg
アドリア海と旧市街を一望でき、人気観光スポットなのも納得。
ロープウェイは往復大人87Kn、子供40Kn。

実は、クロアチア独立戦争(1991~1995年)の際、旧ユーゴスラビア連邦軍
によって破壊され、ロープウェイができたのは昨年あたりから??
山頂にはナポレオンが贈ったという白い十字架が立っているが、
現在ある十字架は独立戦争後に建て直されたもの。

ロープウェイを降りるとレストランやカフェも併設されていて
眺めを楽しみながらの休憩におすすめ

脇には生々しい独立戦争時を伝える資料館があった。(大人30Kn)
821war3.jpg

821war2.jpg  821war.jpg

主人はホテルに戻り荷物を持ってから、旧市街で早めのランチ。
お目当ては、昨夜は行列で入るのを断念したお店へ。
「Kamenice」821lunch.jpg
Vl.Niko Bore
Gunduliceva Poljana 8
tel:(020)323682

オイスター10個(1個が11Kn)、スカンピ(115Kn)、ワインの他
子供のリクエストによりパスタなど注文。
821oyster.jpg  821skanpi.jpg
主人とはここで、お別れ ここから母子だけタイム

レストラン前の広場では午前中から昼過ぎまで青空市場も開催
822market.jpg

さて、午後は水族館に行ってみることに
821aqua.jpg  821aqua2.jpg
期待はしてなかったが…想像以上にショボかった
大人40Kn、子供15Kn

アイスクリームを食べたり、色々と散策
821port.jpg  821ice.jpg


また泳ぎたいなぁ~という子供たち。ホテルに戻り着替えて…
ピレ門前のバス停からNo.4のバスでいざビーチへ。(1人15Kn)
ホテルが多いLapadエリアのLapad Beachに到着。
想像以上に水質は濁っていた821beach.jpg
ここでは泳がず、別のビーチを探してまたバスで移動。

そして…地元の人ばかりが集まる場所を発見
821beach1.jpg

お腹が空いた!と言うので、近くの「Dubrovnik Palace Hotel」へ
プールサイド&海の見える素敵なレストラン
821dinnar.jpg  821pool.jpg

821dinnar1.jpg  821dinnar2.jpg
トリュフのクリームパスタを食べた息子「まぁまぁ美味しい」だって
そして完食。

日沈まで泳ぎクタクタになるまで遊んだ一日821beach2.jpg







テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

4日目、ロクレム島と旧市街散策

朝食後は水着に着替えて…向かったのは「ロクレム島」

歩いて10分ほどで旧市街を抜けて東端にある旧港から船で15分。
大人1人往復で50Kn 820lokrem.jpg

820lokrum3.jpg  820lokrum.jpg
700m沖合にあり美しいビーチを持つ無人島のリゾート。
夏期は30分に一便は船があり、復路は最終19時のようだった。

ヌーディストビーチも存在820lokrum2.jpg

4時間ほどロクレム島を楽しんで…旧市街に戻ってからは遅めの昼食。
「Konoba Lokanda Peskarija」(旧港に面したカジュアルシーフード店)
http://www.mea-culpa.hr
tel:(020)324750

実はここで夕食も食べた。うつりが悪い写真だが↓
820dinnar.jpg  820dub6.jpg

いかすみリゾット、シーフードリゾット、ムール貝、前菜盛り合わせ、
タコサラダなどなど。ビールとワインにどれも美味しくご機嫌

旧市街の見どころ…「Gradske zidine/City wall/城壁」へ。
(大人1人70Kn、子供30Kn)
メイン通りであるプラツァ通りを見下ろせる820dub2_20120824222358.jpg

ドブロヴニクを取り囲む城壁は全長1940mあり、高さは最高で25m。
城壁に囲まれたのは、町の誕生間もない8世紀のことらしい。
現在見られるような形になったのは15~16世紀にかけての大工事によって。
ピレ門の脇の入口から反時計まわりにぐるりと一周した。
820dub4.jpg  820dub3.jpg

820dub5.jpg  820dub7.jpg
夏は日中は暑いので城壁を歩くなら、入場制限時間(夏19時まで)の
ちょっと前に入って歩くのがおススメ。

我々は18時半に入り「あと30分しかない!」と焦ったが、入ってしまえば
焦らずとも大丈夫なそうで、じっくり一周でき良かった。

デザートにアイスクリームも食べて楽しく充実の一日
820ice2.jpg  820ice.jpg







テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

3日目プリトヴィッツェ→ドブロヴニクへ

爽やかな朝。
まずはホテル内で朝食819hotel.jpg

8時から公園がOPENなので、午前中もハイキング
ホテルで前日に公園入場券を提出しておくと、翌日も入れるスタンプを
つけてくれるので今日は追加料金なしで入れたし待たずにゲートをスルー
入口チケット売り場→ 819gate_20120824153554.jpg

819pli.jpg  819falls.jpg

湖…きれい過ぎで感動!!マイナスイオンを吸って吸って歩く
819pli3_20120824153552.jpg  

一番上流にある湖↓
819pli5_20120824153552.jpg  819pli4.jpg

819pli2_20120824154339.jpg  819pli6.jpg
娘が緑の中に溶け込んでいる!?どこにいるか分かるかしら?↑

12:45発のバスでザグレブに戻ることに。(このバス40分も遅れて来た
ザグレブのバスターミナルでは1時間(15kg以下)5Knで荷物預かりをしてくれる。
次の移動までの時間は、またザグレブ市内散策へ。

ヘソともいえる中心の広場「trg bana Josipa Jelacica/イェラチッチ広場」
日曜日だから?人が少ない中心地819zagrebhiroba.jpg


「聖母被昇天大聖堂」に行ってみることに。
819ca.jpg  819ca2.jpg
13世紀から18世紀にかけて建てられたザグレブのシンボル的存在の大聖堂。
現在の外観は1880年の地震後に修復されたものだが、今も更なる修復工事をしている。
内部はルネッサンス様式の祭壇、バロック式の説教壇がある。

17時過ぎには早めの夕食をとることに
「Restaurant Vinodol」
Teslina 10 (考古学博物館の近くにある郷土料理レストラン)
tel:(01)4811427
Open:10~24時
基本無休
819dinnar1.jpg  819dinnar2.jpg

料理もビール・ワインも大満足819dinnar.jpg

19:20発の空港シャトルバスに乗り、ザグレブ空港21時過ぎ発でドブロヴニクへ

ドブロヴニクから旧市街の入口「ピレ門」まで30分(1人35Kn)のシャトルバスあり。
タクシーの場合は事前交渉すると良い。
(目安はピレ門までで250Knまたは35€らしい)

今回のドブロヴニクでの宿は「Hilton Imperial Hotel」を予約。
場所が旧市街のすぐそばで、シャトルバスを降りてすぐの好立地
海には面していないが、便利でとてもおススメ!朝食も美味しかった。
821hotel.jpg  822hotel.jpg

Twinの他にExtra bed1つ無料で設置してくれた820hotel.jpg














テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。