FC2ブログ

スペイン2日目 ~グエル公園へ

ガウディの手がけた「グエル公園」へ行ってみることに。
世界遺産にも登録されているとあってか!?混んでいた
318guelpark.jpg  318guelpark2.jpg
実業家グエルさんは、バルセロナ市街を見下ろす山の手に英国調の田園都市を
構想したらしいが、資金面等の問題により工事が中断され、その後公園となったらしい。
住宅は2戸だけ完成し、そのうちの一つがガウディの住居だったそうで、
「ガウディの家博物館」(入場料:5.5€)としてガウディがデザインした
家具や遺品が展示されていた。

公園への入場は無料で10時から冬18時、夏20時までOPEN。
元旦やクリスマス他閉園もあるので要注意。
318guelpark3.jpg
この公園へは、メトロ3号線レセップス駅から徒歩20分。
バイカルカ駅の方が近いと聞いて、バイカルカ駅まで行きタクシーで8€で到着。
でも結局タクシーはレセップス駅まで戻ったし、復路はレセップス駅まで徒歩。


◎「アントニ・ガウディ・イ・コルネット」は1852年、カタルーニャ地方の
レウスという町に金物細工師の父の家に生まれた。
バルセロナの建築学校を卒業後、初めて世間に認められたのが1878年パリ万博に
出品したショーケースデザインだったそう。
これに目を留めたのが実業家のエウセビ・グエル氏。
後にグエル邸やグエル公園などの建築をガウディに依頼し、スポンサー役を務めた。
19世紀末のバルセロナでは強い経済力を背景に、カタルーニャ独自の文化を創ろう!
という運動が起こっていた。これが世紀末芸術としてフランスのアールヌーヴォーと
並ぶモデルニスモ(近代主義)という様式。
中でも独創的な建築スタイルを確立したガウディは、モデルニスモを代表する建築家。
しかし、晩年のガウディは、サグラダ・ファミリア聖堂の建築に専念し、質素な生活を
送った。1926年6月7日に市電にはねられたときには、あまりのみすぼらしい身なりに
その老人が高名な建築家ガウディだと気づく人はいなかったそう。
3日後、6月10日にガウディは息をひきとった。

今日はよく歩いた~。
夜食にホテルで頼んだカルボナーラ、息子は大喜びだった。確かに中々Good!
318yashoku.jpg
また明日も食べたい!だって
でも、明日は別の宿に移動だからそれは無理だなぁ。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

スペイン2日目 ~バルセロナ動物園へ

地下鉄を乗り継いでバスセロナ動物偏へ。
http://www.zoobarcelona.com318zoo.jpg
Open: 10~19時 (季節により冬場17時半/夏は20時まで等) 
※HPで確認おススメ
入場料:大人17€ / 子供10.20€
tel:(932)256-780
メトロ4号線「Ciutadella/Villa Olimpica」駅から徒歩4分

園内半分見学後11時半からのイルカショーへも。
318zoog.jpg  318zooshow.jpg
2003年11月までは世界唯一の白ゴリラがいることで有名だったらしく、
その映像や写真の展示室もあった。
園内は自然の雰囲気をうまく取り入れ、動物と人との距離が近い。
想像以上にステキなZOOだったので、来て良かった。
遊具も充実していて、ここで1時間以上遊んだなぁ。
318zoopark.jpg  318zoopark2.jpg

たっぷり遊んだ後は、地中海沿いにあるオリンピック村へ。
ガイドブックに掲載されいてた「マリーナ・マンチョス」で
パエリアランチのつもりが…息子が「こっちがイイ」と言い張り
別の店で遅めのランチ。
318lunch.jpg
バルセロネータ海岸を歩いていくと、ずら~り、レストランだらけ
318lunch2.jpg  318lunch3.jpg
ロープウェイに乗ろうとずっとバルセロネータを歩いたが…なぜか
行った場所には「Closed」本日だけ??
諦めて、ピカソ美術館へ移動。
ピカソ美術館は日曜日は午後3時以降、入場料が無料になるらしい♪が
しかし、だからこそかすごい列
お金かかっても別日に出直すこととして、アイスを食べて休憩。
318ice.jpg
メトロ3号線「Liceu」駅まで歩き、いざ別の公園へ。










テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

スペイン2日目~サグラダ・ファミリア聖堂

朝食を済ませると、まずは「サグラダ・ファミリア聖堂」へ。
9時開館と知り、30分前に到着して列に並んだ。既に前に20人ほどいたかな?
でも、ほとんど9時過ぎすぐに入れた
318saguradafamilia.jpg
http://www.sagradafamilia.org
Mallorca 401,
tel:(932)073-031
Open: 9~20時(※10~3月は18時まで)
入場は閉館15分前まで。元旦、クリスマス等一部14時まで。
入場料: 大人 13€ (エレベーターは別途館内窓口で購入要)
メトロ2/5号線 サグラダ・ファミリア駅より徒歩1分

318sagurada2.jpg  318sagurada3.jpg
あまりに有名は建築家アントニ・ガウディの作品。
こんな個性的な教会、建物…初めてだ。

サン・ホセ帰依者教会の本堂として1882年に着工。
翌年には初代建築家ビリャールからガウディに引き継がれ、晩年をキリスト教徒として
生きたガウディは、この教会建築に後半生の全てを費やした。
地下の展示室には、ガウディ最終案の石膏模型も置かれている。
ガウディが完成させたのは、東側の「生誕のファザード」とその4本の鐘楼。
西側の「受難のファザード」はガウディの死後建築されたそう。
エレベーターで上に行けるのは7歳から…。さすがに息子は7歳には見えないから

一通り観たら…息子は「僕、動物園に行きたい!」だって。はいはい。
こうなったら行くしかない

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

スペイン1 日目~バルセロナへ

子供たちの春休み。
その期間めいっぱい、今日3月17日から25日まで8泊9日のスペイン旅行へ。
私と娘、息子の3人旅。

今回の旅程はバルセロナ4泊、トレド1泊、マドリード3泊にしてみた。
何を参考に…でもなく、なんとなく自分の思うがままに。

朝9時10分発の飛行機に乗るため、自宅を6時過ぎに出発。
ということは5時半に子供らも起きてもらわないといけないのだが…
大変だったぁ~
なんとかタクシーに乗り込み…空港まで30分で65TL。
むっ!?昔より値上がった。

直行便で4時間。
ゲームやテレビ画面はない機種だったので子供たちは不満そうだが仕方なし。

バルセロナ空港からはシャトルバスなどもあるのだが、タクシーが無難だと
聞いて、タクシーに。ホテルまで約30€。
(ちなみに空港シャトルバスは1人5.5€で、子供割引なし。3人だと
16.5€かかるので、バス停から土地勘ないまま徒歩かタクシーでホテルに
行くより、最初からタクシーで正解だったかも。スリも心配だったし。

今回最初の2泊はこちら。
317hotel.jpg
「Gran Hotel Havana」
Gran Via de Les Corts Catalanes 647,
Eixample, Barcelona
tel:(34)93-412-1115
無料Wifi、ケトルや歯ブラシ他アメニティも充実。
金&土曜日にはロビーで生演奏も楽しめるようだ。

まずはチェックインを済ませてから近くのデパート目指し歩くこと10分弱。
「エル・コルテ・イングレス」317depart.jpg
「El Corte Ingles」
Pl.de Cataluna 14
Open: 10~22時 ※日・祝は休み!?

ここの最上階にはカタルーニャ広場が見下ろせるカフェ&レストランが。
ここでポークステーキなどランチを堪能317lunch.jpg

デザートには近くのジェラート屋で…
317ice.jpg

デパートの各フロアをぶらつきつつ、小腹が空いた後はTAPAS屋へ。
TXAPELA317supper.jpg
Passeig de Gracia 8-10
Barcelona
tel: (93)412-0289

夜は「エル・コンテ・イングレス」の別館で…ホットドッグなんぞ
317dinnar.jpg

明日からは本格的に観光スイッチON

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

クル・ファスリエ

今日もN先生宅での料理教室へ参加。
314ryorizentai.jpg

今回のメニューは…
メイン「クル・ファスリエ」(いんげん豆の煮込み)314fasuli.jpg
まずは乾燥白いんげん豆を調理したい前の晩からたっぷりの水に浸す。
314ryori07.jpg  314ryori01.jpg
材料:(6~10人分)
乾燥白いんげん豆3カップ
玉葱 中3個(みじん切り)
牛肉 500g さいころ切り
オリーブ油 大さじ4~6
ビベルサルチャ 大さじ1(無ければ普通のサルチャでOK)
サルチャ 大さじ1
塩・砂糖 適宜

1、水に戻した白いんげん豆はたっぷりのお湯で20分ほど煮る
2、みじん切りした玉葱と牛肉をたっぷりのオリーブ油で炒める
3、火が通り、しんなりしてきたらサルチャと、塩小さじ1ほど入れ炒める(A)
4、白いんげん豆と(A)に、水1.5カップを加え、角砂糖1個と
 塩をお好みで加えて更に煮込んで、できあがり

後日、家でも作ってみた。↓
kurufasuli_20120417174922.jpg
まぁまぁかと思っただけど…子供に不評
ということで、もう作る機会はないかも残念!

さて、話は料理教室に戻り、サイドメニューにドライトマトを使ったサラダ。
314ryori02.jpg  314ryori03_20120510154048.jpg
まずは水で戻して…赤ピーマンの酢漬けも使って
314ryori04_20120510154047.jpg  314ryori06.jpg
胡桃を砕き入れて、あとはお好みでナル(ざくろ)ソースやらで味付け。
簡単!子供食べるかな???






テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

Hunkar @Etiler

今朝もアルナヴットキョイにあるクラフト教室へ。
前回の焼物はまだ焼かれておらず…。

教室の後は女8人でランチ
hunkar.jpg  hunkar2.jpg
「Hunkar」
Nispetiye Caddesi 52
tel: (0212)287-8470
http://www.hunkar1950.com

ニシャンタシュ店には行ったことがあったレストラン。その時の記事はコチラ
近所のエティレル店はずっと気になりつつ今回初めて行ってみた。
パチャスープ(羊のモモのスープ)もにんにくきいてて美味しいし
どれもいい感じ
hunkar3.jpg
楽しかったぁ。
312hunkar_20120316161158.jpg
帰宅後、娘はピアノレッスン。6月の発表会の場所が決まったとのこと。
まだ何を弾くかは?? 楽しみだ。

再びバレーボール観戦へ

先週に続いて、狩野舞子選手のバレーボール試合の応援・観戦へ。

今日が、ホーム試合最終だった。
試合前から沢山の日本人が集まり、舞子選手が所属するベシクタシュから
お茶が振舞われた

接戦だった試合はフルセットまでもつれ残念ながら負けたが、舞子選手の
活躍が光る見応えある良い試合だった
試合後は、子供たち1人1人に舞子選手が丁寧にサインをしてくれた
311volley.jpg  311volley2.jpg

ただ、息子がウロチョロしていたずら坊主で参った
6時過ぎに帰宅して、急いで夕食

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

ジャズピアノコンサートへ

近所の「Akatlar Kultur Merkezi」で、ピアノデュオJAZZコンサートがあるというので
ササッと夕食を済ませてから行ってみることに。
夜8時公演で、10分前に行ったら既に満席。階段通路で立見となった。
演奏者は田中信正さん(1968年生)と、林正樹さん(1978年生)
310akatlar.jpg  310stage.jpg
1台のピアノを2人で時には奪い合うように、時には楽しく掛け合いしつつ弾く様は、
とても面白く、CDでは味わえない生ステージの良さが光っていた
第一部(45分)後の休憩で息子は限界で「もう帰ろう!」と
娘と主人は第二部も観賞。310jazz.jpg
息子は「ピアノすごかったなぁ。僕はギターをやりたい」だって
「ピアノすごかったから、僕もピアノやりたい!」ではないのね。
息子の頭の中って面白い。笑。



テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

散歩して眼科へ

今朝はルメリヒサール近くの「KALE KAFE」で、昨夜に続き先輩御夫妻と
一緒にトルコ風朝食を
食後は、ルメリヒサールの一番上の方までのぼったりして見学後、
先輩御夫妻はそこからそのまま空港へ向かった。
そして、うちはいつもの散歩コースへ
長い階段ものぼったり310sanpo.jpg
途中、眼科前を通過。そう言えばちょっとメボらしきものが右目にできていた息子。
そのまま眼科「Dunya Goz」へ。
3Fが小児科用フロア310goz2.jpg

処方されたのは↓目薬2種類と目の中に塗るクリーム1本。
310goz.jpg息子は目薬が大の苦手。
逃げ回って大変すぎ
思わずその様子はビデオ撮影で記録

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

濃い一日

モスクワ駐在中の先輩御夫妻がイスタンブルに遊びに来てくれることに
セネガルで大変お世話になったのが8年ほど前。
日本でも何度かお会いして親しくさせていただいているステキな先輩御夫妻
お泊りになったのは旧市街観光にとっても便利な「Seven Hills Hotel」
sevenhillshotel.jpg  sevenhillshotel2.jpg
このホテルの最上階テラスは眺めが最高!!お茶だけしに来る方もいるの分かる~!
マルマラ海も一望sevenhillshotel3.jpg

今日は昼間観光をご一緒することに。
昨日はご自身でトプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスク、考古学博物館、地下宮殿、
ボスポラスクルーズを既に観光済みということで…、今日は
スレイマニエジャーミィ→ガラタ塔→イスティクラル通り(ノルタルジックトラムで移動)
→フニキュレルでカバタシュへ→エミノミュでエジプシャンパザール→ランチにジャーケバブ
→グランドバザール→ユーリックというコース。
(私は子供帰宅で、ユーリックはご一緒できなかったが)

夕方には子供らは算盤教室。

夕食は先輩御夫妻と再合流してクルチェシュメの「Mavi Balik Restaurant」へ。
http://www.mavibalik.com
第一大橋と第二大橋の両方が眺められる眺望最高の魚レストラン
ほうぼうのブーラマ(蒸し煮スープ)美味しかったぁ


テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
2児のママ。
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏~2015年春トルコ。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
3位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR