FC2ブログ

Ayasofya Muzesi / アヤソフィア博物館

イスタンブールで一番人気&有名な観光スポットとも言えるであろう場所
「Ayasofya/アヤソフィア」
$イスタンブール生活のABC-外観
スルタンアフメット・ジャミイの後、移動し見学することに。
長い行列があるが・・・ミュゼカードを持っていると並ばずにスルーできるチョキ
(でも私はそれを知らずに並んでから入ったのだが汗
長い列に見えても20分ほどで入れた。
$イスタンブール生活のABC-アヤソフィア行列
「アヤソフィア」は入場料が20TL。(※2012年より25TLに変更)
ミュゼカードで無料
スルタンアフメット駅から徒歩2分ほど。
休館日は月曜日。
9~17時の開館だが、最終入場は16:30まで。
(※夏場などのハイシーズンには最終入場18時、閉館19時までの延長もある)
tel:(0212)522-1750 開館時間については電話でチェックしてみると良い。

まず中に入ると、オーディオガイド(10TL)を入手。

$イスタンブール生活のABC-オーディオ
不思議に思ったのは、この機械でのガイド言語が・・・
トルコ語の他は英語、独語、仏語、スペイン語、露語、アラビア語の他、日本語もひらめき電球
でも日本語はあるのに、韓国語や中国語はなかった。

アヤソフィアは360年にコンスタンチヌス二世によって、コンスタンチノープル総主教会として建てられたが、(建築が始まったのはコンスタンチヌス一世の時代325年から)幾たびかの焼失があり、ユスティニアヌス一世の命で537年に完成。
ビザンチン建築の最高傑作といわれている。
557年の地震でドームは崩れたり、8~9世紀の聖像破壊運動ではモザイク装飾が破壊されたり。
1453年にコンスタンティノープルが陥落すると、当時のスルタン・メフメット二世により聖堂が
ジャミイに変えられモザイクは漆喰で塗りこめられ、イスラム装飾が施された。
トルコ共和国となった1934年、アタチュルクがここを博物館として開放し、漆喰が取り除かれ
モザイクが蘇ったのはそれ以降の修復作業によるもの。
(1931年に米国人調査隊によりモザイク画は発見されたそう)

アヤソフィアの入口を入り、外廊と内廊を結ぶ扉↓
$イスタンブール生活のABC-扉

元々は十字架が施されていたものが変えられたそうだ。
確かにその跡が分かる。
(オーディオガイドよりの情報)

内廊から内部への入口はいくつもの扉があり・・・これは階級や性別によって通り口を
わけていたらしい。
私はその昔は皇帝が通れた一番大きい扉から内部へ。
$イスタンブール生活のABC-内部
二階にも上がれて・・・見下ろすとこんな感じ↓
イスタンブール生活のABC-上から


あまりに有名な2階にあるモザイク画。
洗礼者ヨハネと聖母マリアに囲まれたイエス様。
イスタンブール生活のABC-イエス様


ヨアンネス二世と皇后イレーネが聖母マリアとイエス様に捧げ物をする聖画。
イスタンブール生活のABC-マリア様


オーディオガイドで説明があったのは40ヶ所。ブログには表現しきれない。
ここに1時間半ほどはいたと思う。
時代に翻弄されて幾度も姿を変えたアヤソフィア・・・イスタンブールに来たら
欠かせないスポットであることは間違いない。
聖堂内では修復工事をしていた。
大ドームの神秘的な空間を感じに、また訪れたいと思う。
イスタンブール生活のABC-修復

イスタンブール生活のABC
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

転入生とプレイデート

娘の通うクラス(Grade2)に、10月から転入生の女の子が来たドキドキ
今日はそのTちゃんからプレイデートに誘われて学校終わりで娘単身Tちゃん宅へ家
私はお迎え時間の5時に行っただけ。
Tちゃん家族は香港から来た英国人。
両親2人とも幼少期から数年ごとに色々な国で暮らしていて、今もそうなので、一ヶ所に長く生活
したことがないらしい。
香港に持ち家があるので、基本は香港がベースらしいのだが。
Tちゃんには、息子と同じく2006年4月生まれの弟もいるひらめき電球
今日はあまり話す時間がなかったので、来週火曜日にはウチでプレイデートをする約束をして
ママや弟くんも早めに来てもらうことに音譜
楽しみであるラブラブ

スルタンアフメット・ジャミイ / ブルーモスク

今日はとても良い天気晴れ
語学学校も無いので、バスとトラムを乗り継いで旧市街へ1人ぶらりすることに走る人

イスタンブールを代表する巨大モスク「スルタンアフメット・ジャミイ」。
モスクの内部を彩る青いイズニック・タイルの美しさで知られ別名「ブルーモスク」の
愛称で呼ばれている。
$イスタンブール生活のABC-スルタン外観

歴史としては20歳のスルタン・アフメット一世が1609年に建造を命じて、七年を経て(1616年)完成。
世界で唯一、6本あるミナレットと美しいシルエットが特徴。

入口はちょっとした列が。でもそれほど待たなかった。
$イスタンブール生活のABC-スルタン行列
入館料は無料で、入口ではビニール袋がありそれに靴を入れて中へ。
出口では保存のための寄付を呼びかけている。
私は気持ちだけ渡したら・・・ちゃんと渡した金額の
寄付証明の紙を渡された。
礼拝時間は見学不可らしいけど、基本毎日見学できる。
(アヤソフィアや月曜日休、トプカプ宮殿は火曜日休)

イスタンブール生活のABC-スルタン内部

ドーム内には260もの小窓があり、ステンドグラスに差し込む光が館内を淡く照らす。
礼拝堂内部の広さは51m×53mらしい。
広い。
昔なら7秒で走れたはずだがあせる
入場無料だから仕方ないのかもだが、何のパンフレットも説明書きもないので、見学時間は短い。

読めない表示・・・なんて書いているのかな?
$イスタンブール生活のABC-読めない
トラムでスルタンアフメット駅から徒歩数分。(入口までは5分かな)
駐在中にここを何度訪れることになるだろうか?

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
2児のママ。
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏~2015年春トルコ。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
8位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR