スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サフランボル 2日目

まずは宿で朝食 主人は早起きして読み物をしていたらしい
1_20140501031540c40.jpg  2_20140501031540bee.jpg

朝食後は裏庭や道路向こうにある斜面で、ヤギ、牛、亀などと遊んでいた

3_20140501031539dd8.jpg  4_20140501031538531.jpg

5_20140501031537151.jpg  6_201405010315369e1.jpg

チェックアウト後、荷物は預かってもらい、広場を挟んで反対(西)側の丘へ。

「サフランボル歴史博物館」 
10_20140501032253984.jpg  11_20140501032642822.jpg
入館料: 大人 4TL、子供 3TL。
城跡があり、旧役場跡を改装し2007年にオープンした博物館。
サフランボルの歴史に関するパネルや写真、オスマン朝時代の家財道具などが展示。
地下階では通商史や伝統工芸をテーマとして、鍛冶屋や靴屋など職人の作業風景を
人形で再現した展示などもあった。

この地区からも町全体を一望できる。 7_20140501032252e1b.jpg

9_20140501032251325.jpg  8_20140501032251727.jpg

天気に恵まれて良かった
12_20140501032641287.jpg  13_2014050103264076e.jpg

14_20140501032640dce.jpg  15_201405010326399b8.jpg

昨日朝食をしたカフェ…昼間かなり賑わっていた。17_201405010333195ac.jpg

町歩きを楽しんで、内部を公開している民家へ。
「Kaymakamlar Evi/カイマカムラル・エヴィ」
18_20140501033318a99.jpg  19_20140501033318d6d.jpg

入館料: 大人 4TL、学生 3TL
サフランボル兵舎長が19世紀初頭に建てたらしい。
昔の生活用具、暖炉や飾り棚、クロゼットのような開き戸の奥の浴槽など
興味深い展示を見られる。
20_20140501033317c84.jpg  22_20140501033317fad.jpg

23_201405010333167ad.jpg  21_20140501033730eb8.jpg

昼食はそこから歩いてすぐ近くのロカンタで。
「Safranbolu Sofrasi」 27_20140501033730f1f.jpg

「Yöresel Iskender」って何だろう?と注文したら… 26_20140501034718b6b.jpg

ギョズレメにヨーグルトとサルチャソースがのったような料理だった。
25_20140501033724654.jpg

Peruhiはチーズラビオリのようだった。24_20140501033724cdb.jpg

そのお隣りのお店をのぞいて…欲しい物見つけた
「Türk el sanatları galerisi」トルコの手工芸品ギャラリー
Baba Sultan Mh. Cinci Hani arkasi pazaryeri 30/A
tel: (0370)712-6481
28_2014050103372318d.jpg  30_20140501035920ce9.jpg

トルコの朝食で、卵料理などのときよく登場するBakırcı(銅細工)の両手鍋。
29_20140501033722856.jpg

小(13TL)と中(15TL)を購入 48_201405010416192a5.jpg

ロクム屋「Imren Lokumlari/イムレン」
32_20140501035920758.jpg  31_2014050103591931e.jpg

「Safran Tat/サフラン・タット」のロクムと後日食べ比べしてみよう♪
47_201405010416208ec.jpg

「Arasta Pazari/アラスタ・バザール」内の人気トルココーヒー屋
38_20140501035918533.jpg  35_20140501035918e2c.jpg

1杯5TLで水と口直し果汁もセット。37_201405010359172d1.jpg

靴職人を見学したり… 39_201405010402160e6.jpg

手芸や雑貨、色々とぶらりするの楽しい♪
36_201405010402163fb.jpg  40_2014050104021548b.jpg

時間になったので、タクシーで急ぎ宿に戻り、荷物をピックアップして
そのままサフランボルのバスターミナルへ。
43_201405010402134c9.jpg  41_20140501040213270.jpg

サフランボルからはイスタンブールへの他に、首都アンカラや
アンタルヤ、コンヤ、黒海沿岸のトラブゾンなどへもバスがある。
42_201405010420000a4.jpg

復路は、別のバス会社と比較してみたくて「Kamil Koc」で帰ることに。
46_201405010419591d3.jpg 16時にサフランボル発。

前日ホテルで電話予約をしてくれていた。
料金は1席40TL、家族4人で160TLだった。

バス車内では「シナン」by 夢枕獏 の下巻を一気読み。
上巻は時間がかかったのだが、下巻はとてものめり込めて面白かった
この本をご紹介いただいたKさんに感謝
読み終わってから、もう一度エディルネにも行きたくなった。

途中19時前後30分間の休憩で停車。45_20140501041959dfe.jpg

ロカンタで急ぎ夕食を済ませて、帰りはアジア側「ÜMRANİYE/DUDULLU」で下車。
予定は21:30到着だったが、少し遅れて21:45ごろ到着。

帰宅後、洗濯や荷物整理で24時過ぎに就寝
主人は移動中、滞在先、帰宅後も書類を読んだり色々と忙しそう
でも家族一緒に色々と体験し話す時間が持てて良かった。 ありがとう
スポンサーサイト

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

サフランボル 1日目

天気予報では時々雨も降るかも…ということで雨具持参。

旧市街の中心地でタクシーを降りて…どんより曇り

1_20140501000332515.jpg  2_2014050100033290d.jpg

有名なロクム屋「Safran Tat/サフラン・タット」 3_20140501000331a44.jpg
サフランボル名物のサフラン入りロクムがある。明日買うことに!

まずは朝食を食べよう!ジンジ・ハマム裏手にある「Maydan Cafe」で

5_20140501000330b02.jpg  4_20140501000329fab.jpg

朝食後、宿泊予定の宿へ。(アーリーチェックインの希望連絡済)
場所が便利とうことで決めた宿「Çeşmeli Konak/チェスメリ・コナック」
Çeşmeli Mah. Mescid Sok. No:1,
tel:(0370)725-4455
family room(for 4)朝食付き 90€(266TL)
www.cesmelikonak.com.tr

いざ行ってみると…「ここより別棟の方が眺めも部屋もいいから」と
別の場所に車で連れて行かれ

11_20140501001026036.jpg  7_20140501001025ad8.jpg

6_201405010010241a1.jpg  8_2014050100102353e.jpg

中心地までは徒歩5分ちょっと…まぁ許容範囲だし、確かに部屋から眺めは良いし
本棟は満室だと言われたから…納得!?して少し仮眠

充電後は、ホテルの裏庭で虫探し
9_20140501001022396.jpg  10_20140501001021d9a.jpg

さて、最初の散策は「Hıdırlık Tepesi/フドゥルルックの丘」へ。
宿から近くすぐ到着。 入園料は1人 1TL。

オスマン朝時代の古い町並みは世界遺産(1994年登録)。
そのサフランボルの町全体を見下ろせる絶景スポット
17_20140501004412e27.jpg  15_20140501004411b14.jpg

12_201405010044153d5.jpg  14_201405010044135ad.jpg

16_20140501004413ebd.jpg 町の可愛さに感動
だんだん晴れてきた

公園内には1843年に造られたHasan Paşa/ハサン・パシャの墓廟がある。
13_20140501004414f12.jpg

その先の別の出入り口から町中心地へ下っていくことに
18_201405010054439e7.jpg  19_20140501005443ff4.jpg

「Safranbolu/サフランボル」
サフランの産地であることから名づけられたこの街。
黒海から約50km内陸に入った切り立った谷間に広がる。
トルコ国内でも、特に昔ながらの民家が残され、土壁に木の窓枠が並ぶ
独特の木造家屋に今の人々が暮らしている。
サフランボルが最も栄えたのは14~17世紀頃。
シルクロードへの通過点でもあり商業都市だった。
今残っている家は、100~200年前に建てられた物が多い。
壁は馬のエサとなるわら、土、そして卵をこねて造られているそうだ。

商店街で、チューリップ柄のテーブルクロスを購入
20_201405010054428d4.jpg  21_2014050100544113e.jpg

ジャーミィを通り過ぎ、そろそろ昼食タイム
22_2014050100544163b.jpg  23_20140501005440437.jpg

主人がネットの口コミでチェックしていたロカンタ…。まぁまぁの感想。苦笑。
25_2014050101065617b.jpg  24_20140501010655175.jpg

旧市街で人気の宿は「Cinci Han Hotel」27_20140501010654c62.jpg
www.cincihan.com
1645年に造られた隊商宿を改装したホテルで、併設レストランではお酒もあるため
外国人観光客に人気
でも宿泊料をチェックしたら1,000TL超えていて高かった!

4月後半から6月にかけて、サフランボルは観光シーズン。
特に土曜日の宿は強気の料金設定のようだ

26_20140501010655a37.jpg  28_20140501010653ba5.jpg

クルミを割る道具やナッツを購入。

カズダールオウル広場まで来て…タクシーの運転手から
「ヨリュック村に35TLで往復できるよ。現地で一時間ガイドするよ。」と言われ移動。

「Yörük Köy/ヨリュク村」はサフランボルから東に約11kmの小さな村。
36_20140501011619d24.jpg  37_20140501011618c9f.jpg

38_2014050101161870d.jpg  39_201405010116176ea.jpg

「Yörük」とはトルコ語で「遊牧民」を意味する。
テュルクメン系、カラケチリ族が中心となって定住したといわれている。

40_2014050101260744e.jpg  41_20140501012606e45.jpg

公開されている伝統家屋「Sipahioğlu Evi/スィパーヒオウル・エヴィ」を見学。
(入館料:2TL)
48_201405010125031e9.jpg  44_20140501012502c82.jpg

46_20140501012502273.jpg  42_201405010125014b8.jpg

47_20140501012453d06.jpg 娘は笛(2TL)を購入。

しぶい村内をさらに歩いていき…
49_20140501013130147.jpg  54_20140501013127450.jpg

昔使われていた共同洗濯小屋「Çamaşırhane/チャマシュルハーネ」を見学。
50_201405010131302d1.jpg  51_20140501013128345.jpg

53_20140501013128be8.jpg
タクシー運転手さんは「まだ時間あるから35TLプラスで洞窟も行かないか?」と言うので…

明日行く予定だった洞窟へも今日のうちに行ってしまうことに。

「Bulak Mencilis Mağarası/ブラク・メンジリス洞窟」
洞窟入口までの坂道・階段は少し険しい。
56_20140501023252c5a.jpg  55_20140501023253bdb.jpg

57_2014050102325291a.jpg

見学できるのは約400mということだが、奥までもっと距離を感じた。
58_20140501023251f1d.jpg  59_2014050102325033b.jpg

60_20140501023249adf.jpg  64_20140501024253264.jpg

トルコ有数の鍾乳洞だけあって、見応えあった

61_20140501024254d7f.jpg  65_2014050102425212f.jpg

帰り道には牛が… 66_20140501024252135.jpg

ホテルでタクシーを降り、感謝して70TL支払った。

ハマムに行くための水着等の準備をして再びチャルシュ広場へ
広場すぐには警察駐在所 70_20140501025642d1b.jpg


そして…あれ?日本国旗発見 69_201405010253111e1.jpg

夕食はガイドブックに掲載されているサフランボル郷土料理店
「Kadıoğlu Şehzade Sofrası/カドゥオウル」」
67_20140501024251896.jpg
www.kadioglusehzade

名物はKuyu Kebabı/クユ・ケバブ(25TL)、Bükme/ビュクメ(14TL)、
Şehzade Pilav/シェフザーデ・ピラウ(7TL)だそう。

72_20140501025312aee.jpg  71_20140501025312e40.jpg

食後は、広場に面して建つ「Tarihi Cinci Hamamı/ジンジ・ハマム」へ
英語はあまり通じないが、中国人や韓国人など観光客を多く見かけた。
入浴料&アカスリ・マッサージで35TL。
娘はハマムに行ったことはあるが、アカスリ初体験
とても喜んでいた

長い、濃い一日だったなぁ 22時過ぎに皆バタンQ

テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

サフランボルへ夜行バスで移動

金曜日23:59イスタンブル発(バイラムパシャのオトガルより)で
サフランボル行きのチケットを購入。
今回往路は一番便数も多い「METRO」を利用することに。
www.metroturizm.com.tr

窓口で、ネットで予約したくても支払時にエラーになったことを伝えると
「あぁ~そうなんだよ、ネットでは買えないんだよ」と一言
ネットだと43TL、定価は57TLと表示のチケット…結局窓口で45TLになり、4席180TL。
(大人・子供同料金、ベシュクタシの窓口にて購入)

他にも「Kamil Koc」「Ulusoy」なども同時刻のバスがあった。
www.kamilkoc.com.tr
www.ulusoy.com.tr 
いずれも所要時間は片道6時間30分

始発のバスターミナル(Otogar)であるBayrampasaは様々な方面へのバスで
夜も人が沢山 トイレは有料(1TL) 上階には売店もある。
s1  s2

バスが走り出す前から眠りだす子供達 24時に出発。

s3  s4

Alibaykoyやアジア側のバス停に寄りながら途中ドリンク&菓子のサービス
深夜2:40頃、「ここで30分の休憩時間です」と停車
フードコート、土産物店、トイレ(無料)がある。数えた時点で11台のバス。

1_201404301413235eb.jpg  2_20140430141323d1d.jpg

3_201404301413229c1.jpg  4_20140430141321cf5.jpg

5_20140430141320389.jpg

3:15am にサフランボルに向けまた移動。6_20140430143042645.jpg

車内が明るくそして再びドリンクサービス

子供たちはずっと寝てくれて良かったけど…私…全然寝れずにヘトヘト

とにかく予定より少し早く6:15頃終点、サフランボルのバスターミナルに到着

サフランボルの新市街であるクランキョイ/Kıranköyへは無料サービスバスがあるが
我々は伝統家屋の集まる旧市街チャルシュ/Çarşıに行きたいので、タクシー移動。
10~15分ほどで(14TL)で到着。



テーマ : トルコ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。