スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏 最終日 

今回の休暇は旅行とは違い、義母や他親戚と一緒に過ごしたり、
思い出の場所を巡ったり…貴重な機会が沢山だった

朝は近くのスーパーマーケット「Monoprix」でハムやチーズ、ワイン等買い出し。
荷物をまとめて11時過ぎに出発。義母とお別れして、レンタカーで空港へ。

1_20140109102133b94.jpg  2_20140109102132cdc.jpg

返却前にディーゼル満タンにして、66€ほど。
空港では迷うことなくレンタカーを無事に返却できて一安心。
連絡バスでターミナル1へ移動。オンラインチェックインをしていたが
荷物のチェックインに大行列で時間がかかった。

3_20140109102131a13.jpg

ラウンジでゆっくりする時間はほとんどなく、TK1814便で14:50発
イスタンブールに18:40着で20時過ぎには帰宅

急ぎ洗濯機を回して、夕食を軽く整え(冷凍しておいたお好み焼きなど便利)、
アクメルケズのスーパーに牛乳や野菜、果物など翌朝のためにも食材買い出し。

さぁ、明日から子供たちは学校、主人は仕事始め

2014年が素晴らしい年になりますように


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 9日目 ~ アンティーブ、ピカソ・シャガール美術館

明日トルコに戻るので、今日が動ける最終日。残念ながら雨

朝食後、向かったのは「Antibes/アンティーブ」。m2_20140109064825625.jpg

まずは「Musee Picasso/ピカソ美術館」へ
pi.jpg  pi1.jpg

1946年、ここグリマルディ城でピカソはアトリエを得て、大作に取り組んだ。
実際にアトリエがあった最上階に、作品が展示されている。 撮影は禁止
入場料: 大人 6€ 10~18時 ※9月中旬~6月中旬は12~14時に一時閉館
休館日: 月曜日、他1/1、5/1、11/1、12/25

私が見たかったのは「La Joie de Vivre/生きる喜び」
他サイトからの画像→ joie_de_vivre.jpg

12時には一時閉館で退館しなければいけないため焦ったが一時間ちょっとあり
十分であった。

pi2.jpg  ピカソ美術館

鑑賞後は、隣りある「アンティーブ大聖堂」へ。c_201401090629563d1.jpg

c1_201401090629559ca.jpg  c2_20140109062955c3d.jpg

Marche(プロヴァンス市場)もチェック m_201401090648273f5.jpg

m1_20140109064825f50.jpg  m3_201401090648243ea.jpg

「Socca/ソッカ」(ひよこ豆の粉で作ったクレープの一種)も試食。
m4_20140109064823cd6.jpg  m5_201401090648228dc.jpg

m6_2014010906520233c.jpg  m7_20140109065201cf5.jpg

市場で、貝、ハム、バナナなど、横のパン屋でバゲット購入。

ずっと降り続く雨の中、ニース市内に戻り今度は「シャガール美術館」へ。
Musee National Message Biblique Marc Chagall
入場料: 大人9€ 音声ガイド付き

シャガール美術館1  シャガール美術館

シャガール1  シャガール

2003年にも来た場所だ。
P8210026.jpg  P8210027.jpg

10年前と違うのは、聖書について以前よりは薄いながらも知り
シャガールの作品についてより深く知れるようになったかと思う。
…でも、まだまだ聖書を読み解く知識が深まれば良いだろう。

ここからはシャガール美術館の作品ズラリ…
シャ  シャ1

シャ8  シャ3

シャ4  シャ5

シャ7  シャ9

シャ2  シャ6

シャ10  シャ11

シャ12  シャ13

シャ14  シャ15

シャ16  シャ17

シャ18  シャ19

帰宅後は、私1人バスで中心部のデパートへ。
ステーキナイフなど色々チェック
ナイフ  ナイフ1

€は高いし、売り出しセールは1月8日からでテンションが下がり、何も買わず

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 8日目 ~義伯父母宅を訪ねて オリーブ収穫体験

ニースから車で1時間ほどの親戚宅へ。

fr.jpg  fr1.jpg

主人の母側伯母Cと夫のF、息子のT(つまり主人の従兄)と10年ぶりの再会
f_201401090400475d1.jpg  f1_20140109040046802.jpg

fandh_20140109040045d54.jpg  3a_2014010904041630c.jpg

番犬として飼われている大きな犬Cともすぐ仲良しに
c1_20140109040418735.jpg  c_20140109040419de6.jpg

大自然の中にある家を2003年に購入し、ステキに改築。

h_20140109041040371.jpg  h1_20140109041040a97.jpg
代々受け継いできた家具や、思い出の食器など見せてくれた。
h2_20140109041039bbc.jpg  h3_20140109041038798.jpg

窓からは畑や川を見下ろせる眺望 h5_2014010904103687d.jpg

娘は10年前に来ているが、勿論記憶が全然ない 
yandg_20140109040419030.jpg  h4_20140109041037fef.jpg

オリーブ畑は広いのだけど、数本だけ、収穫体験をさせてもらうことに。
o_20140109042407b28.jpg  3_20140109042408924.jpg

o1_2014010904240636c.jpg  o2_20140109042405b75.jpg

o4.jpg  o3_201401090424045b7.jpg

o6.jpg  o7.jpg

o10.jpg  o11.jpg

単純作業だが、結構大変 o12.jpg

収穫の間、犬が子供たちのそばでずっと見守ってくれていた
o5.jpg  o8.jpg

あっと言う間に2時間ほど経過。 料理上手なCが作ってくれた昼食へ
o13.jpg  o14.jpg

お土産に、いちぢくの手作りジャムや、自家製オリーブ油をいただいた
また近いうちに再会したい

夕方には義弟がパリに向け出発のため、お別れ

昼に沢山食べたので、夕食は簡単に。
お腹に優しい野菜スープやソーセージ、オムライスなど急いで調理
…全然正月っぽくないけど

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 7日目 ~フェニックス園、スケート、夕食

生憎の雨天

昨日と同じ店でパンを調達し美味しい朝食

朝食後は、義母おススメの「Parc Phenix/フェニックス園」へ。
ph0.jpg  ph.jpg
入場料は大人 2€

ウサギ、カンガルーなどいて、室内植物園や、ちょっとしたプチ水族館も

ph1.jpg  ph2.jpg

ph3.jpg  ph4.jpg

ph5.jpg  ph6.jpg

ph7.jpg  ph8.jpg

ph9.jpg  ph10.jpg

ph11.jpg  ph12.jpg

どんより天気だけど、楽しかった! ph13.jpg

午後からはスケート場へ。 s_2014010901013840b.jpg

さすがヨーロッパのスケート場って広くて立派
s4_20140109010134bf7.jpg  s5_201401090101331d9.jpg

物価は高いのに、スケート場の利用料金は安い
大人1人4.5€、子供1人3.5€ これでスケート靴もかしてくれる
s1_2014010901013777d.jpg  s2_20140109010136493.jpg

子供は上達が早い! s3_201401090101351d3.jpg

途中休憩時間が入り、氷の整備時間 s7_20140109010345b28.jpg

s8.jpg  s9.jpg

今晩は、子供たちと別々で夫婦でお出かけ

「Keisuke Matsushima」 m_20140109015338266.jpg
22 ter rue de France, Nice
tel: +33(0)4 93 82 26 06
http://www.keisukematsushima.com

気軽なランチタイムに行きたかったが、タイミングが無いので夜に。
コースは45€~。 最初のプチ3品と最後のプチガトーは撮り忘れ。
m1_20140109015337825.jpg  m2_201401090153366ec.jpg

m3_20140109015335cab.jpg  m5_20140109015334497.jpg

m6_20140109015334ec9.jpg

お水Evian8€、グラスワイン15€ … 円安なので、安くない
食前酒パスティスやコーヒーも飲んで、ドリンク代だけでそれなり
主人はジビエ(鹿)料理に変更して+10€。
贅沢ディナーをした分、これから節約しなくちゃっ

留守番だった子供たちは、義妹が作ってくれた餃子がとても
美味しかった!と大喜びだった

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 6日目 ~鷲の巣村 コアラーズ、ペイヨン

元旦でも、パン屋は開いている
この旅行中、一番お気に入りとなるパン屋
「Boulangerie La Savoyarde」
20 Rue de Lepante, パン
tel:+33(0)8.99.51.24.75

パン1  パン2

通常のバケットやクロワッサンも勿論、週3日だけ(金曜日と他2日)販売される
シリアル雑穀入りパンも美味し~い

2014年、最初の食事にここのパンを食べられて幸せ

朝食後は、義母と家族の5人で鷲の巣村巡りへ。
犬も一緒で子供たち大喜び

もともとサラセン人(トルコ人、アラブ人、ムーア人を総称した呼称)の
攻撃から逃れるため、相手から見えない場所に村を造ったのが
「鷲の巣村/nid d'algle(ニデグル)」の始まりで、村に入れば
細い通りが迷路のように入り組み、敵が容易に侵入できないような
構造になっている

まずはニースから車で30分ほどにある「Coaraze/コアラーズ」へ
c7  co.jpg

海抜約640m。 ジャン・コクトーをはじめ、現在アーティストが作った日時計が
村のところどころに掲げられている
c5  c6

c3  c4

村のてっぺんにある教会も静かで人けがない…。
c  c2

次に向かったのは「Peillon/ペイヨン」p4

ニースからは12kmほど離れている。
対向車がくるとドキドキの狭くてクネクネ道。
peillon.jpg


p  p1

p2  p3

この村には「Auberge de la Madone」というホテル・レストランがあり、
ミシュラン一つ星 http://www.chateauxhotels.com/madone
お昼は手頃であるし、せっかくの機会だから行きたかったが…
明日ミシュラン一つ星店に行くので今日はガマン!








テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 5日目 ~ 展望スポット&散歩、カウントダウン

大晦日。2013年も今日で終わり

義妹がお気に入りの展望スポットやお散歩コースを巡ることに。
s_20140108200519a9f.jpg  s1_20140108200518f4b.jpg

s2_201401082005171fe.jpg  s3_20140108200516f69.jpg

初日に行った「Eze/エズ」村も下に見下ろせる絶景スポット。
s4_20140108200515a92.jpg  エズ

イタリア側の丘の上には城塞も見える。
s5_2014010820051483c.jpg  s6_20140108202147598.jpg

子供たちは岩のぼりが好き… s7_20140108202146657.jpg

この展望スポットからエズ村におりていくトレッキングコース(2時間ほど)も
良いらしいけど、海辺も歩きたいので今回はパス。

ahij.jpg  hijys.jpg

車で15分ほどの「La Turbie/ラ・テュルビー」という町まで行き、
ローマ皇帝アウグストゥスが紀元前6年に建てられたモニュメントがある場所に
行こうと思ったが、ちょうど昼間の時間一時閉鎖
ng.jpg
一時間半待つのも時間が勿体無いので、次の場所へ移動

展望スポットからも見えた「Cap Ferrat/フェラ岬」へ

u.jpg  u1.jpg

u2.jpg  u3.jpg

半島を海沿いにぐるり周れる気持ちステキな散歩コースu7.jpg

海沿いで食べるフランスのバケットハムサンドは最高に美味い

u8.jpg  u9.jpg

充実の散歩の後で、お腹はグーグー

帰り道にスーパーに寄って…、今晩は年越し蕎麦を作るつもりだったが
主人からは「シャンパンに生牡蠣の気分」、子供からは「パスタや豚!」
…とリクエスト
ニースに来てから生牡蠣3回目…。そんなに好きなのねっ

リクエストを叶えて、2013年の最後の晩餐は終了

今晩はニース中心地の宿だったので、カウントダウンは花火見学へ
想像以上に、花火は地味だった 
お酒を片手に乾杯している人々が街中に溢れていて、賑やか

いろいろ感謝の2013年







テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 4日目 ~スキー場 Auron

朝は7時過ぎに宿を出てパンを買って義母宅へ

今日は子供たち、義弟と一緒に5人でスキーへ
家からは90kmほど離れた「Auron」へ
http://winter.auron.com

くねくね道だし、安全運転で2時間近くかかって到着。
レンタルスキーは4人で100€ほど。
リフト一日券は4人で117€(大人32€、子供26.5€)

auron.jpg 私リフト苦手…。スキーも苦手

スキースクールに子供も、私も入りたいけど…フランス語ONLY
自力で頑張ろう

auron1.jpg  auron2.jpg  

広いゲレンデで滑りやすい 

auron3.jpg  auron4.jpg  

午後からはゲレンデが日陰になって寒い auron5.jpg

auron6.jpg  auron7.jpg

娘も息子も、もやは私より断然上手…。auron8.jpg

後半、中上級コースに行く3人とは別々で、息子と私がペア。
でも息子が速すぎて…見失って焦った 無事見つかってホッ

暖かい場所でお茶するのが好きな私 auron9.jpg

auron10.jpg  auronski.jpg

ニースから手軽に行けるスキー場は、ここの他にも。
ski.jpg

「ISOLA 2000」も人気スキーリゾート
http://winter.isola2000.com

「Saint-Dalmas Le Selvage」
http://winter.saintdalmasleselvage.com

スキーブーツを脱いだ後の解放感…たまらない





テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏 3日目 ~ヴァンス、トゥレット・シュル・ルー、グラース

滞在中後半の天気は悪くなりそう

天気の良いうちに、主人の幼少期思い出の場所である、祖父宅(今は伯父宅)や
お墓まいりをすることに

まずは、その手前にある町「Vence/ヴァンス」へ。
P1060087.jpg
ロザリオ礼拝堂は一般公開でない日・時間もある。要チェック
礼拝堂内は撮影不可。ショートパンツもNG。入場:5€
この礼拝堂の模型や構想は、昨日行った「マティス美術館」にあったので
イメージと現実がつながった感じ。 レモンイエロー、緑、藍が差し込む

ヴァンスの旧市街にある大聖堂には、「モーゼの発見」を描いた
シャガールのモザイクがある。
c1.jpg  c2.jpg

教会は人けがなく静か。c3.jpg

ヴァンスの朝市、城壁に囲まれた中世の町並み・・・。c4.jpg

時間がないので、とにかく次! c5.jpg

ヴァンスから車で10分ほど走った場所にある鷲の巣村である
「Tourrettes-sur-Loup/トゥレット・シュル・ルー」へ。
http://www.tourrettessurloup.com
t.jpg  t0.jpg

夏は観光客で混むが、今時期は静かで歩きやすい
町の中のパン屋で、昼食用のバゲットを購入
t3.jpg  t4.jpg

t5.jpg  t7.jpg

t8.jpg  t6.jpg

t1.jpg  t2.jpg

ここは、10年前にも来て、撮影した思い出のスポット
<2003年8月>
P8180011.jpg  P8180012.jpg

まだ一歳になっていなかった娘。P8180013.jpg


10年後、家族4人で訪れて感動。t9.jpg

t10.jpg  t11.jpg

次は、主人の祖父母が暮らしていた場所へ

g_20140107205148c99.jpg  g1_20140107205147654.jpg

今は主人の伯父夫婦が暮らしているが、休暇中で不在なので中へは入れず。
g7.jpg  g8.jpg

主人は幼少期、夏休みになると遊びに来て自然を楽しんでいた。
広大なオリーブ畑。素晴らしい眺め

g6.jpg  g9.jpg

l6.jpg  g3_2014010720514599b.jpg

g4_201401072051442bd.jpg  g5_20140107205143170.jpg

とても素敵で優しい祖父 P8200025.jpg(2003.8月撮影)

祖父母の家から車で数分。10年前にも行った、Loup川沿いへ。
l6.jpg  l4.jpg
どんどん奥へ行って…
l.jpg  l1.jpg
バゲットとハムのサンドイッチでランチ。
リンゴも丸かじり
l2.jpg  l3.jpg

2009年に祖父が亡くなって…やっとお墓まいりに行けた
o1.jpg  o2.jpg

次は、香水で有名な町「Grasse/グラース」へ。o3.jpg

f.jpg

「Musee International de la Parfumerie/国際香水博物館」に行くつもりが…
道を尋ねた人が、よりおススメだよと言うので、そのすぐ横手にある別の場所へ。

f1_20140107235127159.jpg
「L'Usine Historique/フラゴナール香水歴史工場」※無料駐車場も裏手にあった。
Open: 9~18時(冬場11~1月は昼間一時閉館あり)
入場無料で、英語のガイドツアー(20分)で説明してもらいながら見学。
f3.jpg  f4.jpg

f2_20140107235126f72.jpg

終わった後は、子供のリクエストで…近くの遊び場へ。
f5.jpg  f6.jpg
1人5€って、安くないけど2人とも喜んでいた

義母宅に着いたのは19時
サラダ、チコリのバター炒め煮、ブーダン(仏語:boudin)※、
豆のスープなど、義母の手料理に舌鼓
budon.jpg

※ブーダンとは、は、豚の血と脂によるフランスの腸詰の一種。
血を使っているのでブラッドソーセージの一種になる。
一般的にはニンニク、タマネギ、パセリと柑橘類の香料が調味料として使用されている。

私は今回初めて食べた「ブーダン」。
意外にクセがなくて、美味しかった

深夜、パリから義弟が到着し、明日は一緒にスキー

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

南仏2日目 ~ 市場、マティス美術館

朝はまずバゲットを買いに近所のパン屋へ mul.jpg

朝食後はバスNo.36 とトラムに乗って「Liberation」駅周辺の「マルシェ/市場」へ。
(バスとトラム共通券一回が大人1人1.5€~一時間半以内の乗り換え可能)
n_20140107200140c9e.jpg  n1_2014010720013917a.jpg

夕食用に、またまた生牡蠣、他アサリを購入。豚肉も人気店で調達

n2_2014010720013863c.jpg  n3.jpg

お昼に…とバゲットやハムも買った。n4.jpg

けど、途中に中華レストランを見かけて…家族皆そっちにつられた

「Place Massena/マセナ広場」まで歩いて移動。n6.jpg

クリスマスマーケットもどきが残っていたので、デザートにワッフル

n5.jpg  n7.jpg

バスNo.15で帰宅後は、主人と徒歩で「Musee Matisse/マティス美術館」へ

m_201401072007287d8.jpg  m1_201401072007270ad.jpg

「Arenes/円形闘技場跡」も見学。m2_2014010720072603a.jpg
こちらはトルコの方が断然スケールも大きく見応えあるからサラリと。

帰り道ではスーパーマーケット「MONOPRIX/モノプリ」で食材の買い物。

夕食は主人は生牡蠣を開けるのに一生懸命d_201401072017152a4.jpg

子供たちは義妹から、歌を習って楽しく過ごした d2_20140107201713bfc.jpg  

d1_20140107201714778.jpg 他は私が調理担当。
ポークステーキ美味しい アサリはボンゴレスパゲティで

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

年末年始 南仏・ニースへ

トルコに来て4回目の年末年始。今回は南仏・ニースへ

主人の母側親戚が住む南フランスに行くのは、2003年夏以来10年ぶり。
娘は当時0歳11カ月だったから、記憶が無い。

親戚との再会や、祖父母のお墓参り、主人の幼少期思い出の場所を
子供たちに知ってもらうための機会とすることに

まずはトルコ航空TK1813便で11:45発。
出発まではラウンジで簡単な軽食をしたり、のんびり
tk_201401070514140af.jpg  tk1_20140107051413881.jpg

自分たちの荷物が積みこまれているのも確認できた
tk2_20140107051413ce0.jpg  tk3.jpg

マルマラ海に沢山のタンカー等、船が見えた
到着後、私は運転をするから機内ではノンアルコール
tk4.jpg  tk5.jpg

予定通り到着し、14時過ぎには空港ロビーに来てくれた義母と再会
tk6.jpg

トルコ航空はニースの空港ではターミナル1を利用なのだが、レンタカー各社は
ターミナル2側に窓口があるので、ターミナル間の連絡バスで移動

10分ほどしてターミナル2に着いて、レンタカー会社のビルへ

今回、Hertzでオートマ9日間、2人のドライバーで480€ほど。
コンパクトカーの予約をしたのに、これしか無い…と大きめの車になった
(後日撮影した今回の車写真→)car.jpg

ランクアップは喜ぶべきなのかもだが、道が狭い南仏ではコンパクトカーの方が
断然良かった…が、仕方ない

とにかく、空港からぶらりドライブ。 そして向かったのは「EZE/エズ」の町。
eze.jpg  eze1.jpg
数多くある「鷲の巣村」の中で、一番訪れる人が多いのがここじゃないかな?
http://www.eze-riviera.com

エズの村は山の下からでは分からない。これは、サラセン人の攻撃を防ぐため
海から見えないよう山によって隠れるように造られたから。

このエズ村から「ニーチェの道」を下るハイキングコース(約1時間半)もいいが、
初日だし、ゆっくり村内の散策だけすることに。

eze2.jpg  eze3.jpg

eze0.jpg

たいていの小さな町/村の中心には教会/大聖堂がある。
eze4.jpg  eze9.jpg

eze7.jpg  eze8.jpg

クリスマス前後には、イエス・キリストの誕生シーン eze10.jpg

eze5.jpg  eze6.jpg

グラースの香水メーカー「フラゴナール」の工場もある。eze12.jpg

帰り道では、町中にある大きいスーパーマーケットへ。

ワインやチーズ、魚介類やハムなど色々チェック
日本のビール・酒や寿司弁当なども種類豊富で、さっすが~
s_2014010705572777a.jpg  s3_20140107055724783.jpg

s1_20140107055726ae1.jpg  s2_20140107055725b16.jpg

s4_20140107055723991.jpg  s5_20140107055928ded.jpg

トルコで食べない物…生牡蠣。夕食はこれに決定 s6.jpg


白ワインと生牡蠣の相性バツグン s7.jpg

nice1.jpg  nice.jpg

主人と私は近くのホテルに移動してお泊り 充実の初日

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。