スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア トランジット20時間

毎年夏恒例の一時帰国。今夏も日本で小学校に1ヶ月通学

今回の一時帰国は往路はアリタリア航空を利用して

1_20140812144907935.jpg  2_20140812144906803.jpg

6月16日 14:30IST発のAZ705便で、ローマには16:05FCO着。
そして23時間のトランジット時間、のはずが二時間以上の遅延で
実際には20時間だけに
夕方のプランは時間無くなり大幅に変更

3_20140812144905978.jpg  4_2014081214490506b.jpg

宿泊先は一泊だけだし空港へのアクセスを考えてテルミニ駅周辺で。

7_20140812144904901.jpg

空港からノンストップでテルミニ駅に到着するレオナルドエキスプレスで
移動時間30分。1人14ユーロ。子供(4-12歳)は大人一人につき一人無料なので、
今回ウチはチケット2枚 28ユーロ。

「Hotel Aphrodite/ホテル アフロディーテ」 11_20140812144903f2a.jpg

Via Marsala 90, Rome 00185
tel: +390695227496
トリプルルーム・朝食付き 125€+市税1人3€。
※バスルームはとても狭かった。
9_20140812145251c19.jpg  10_20140812145250012.jpg

コロッセオへは間に合わないので、開場時間が関係ない野外のスペイン広場→トレヴィの泉へ。
メトロは1回券1.5ユーロ×2枚購入。
(1日券は6ユーロなので4回以上利用するならお得。)

13_20140812145249ad1.jpg  15_20140812145248f16.jpg

18_20140812145555048.jpg  19_20140812145555bb4.jpg

20_2014081214555450e.jpg

街歩き中、急に雨ザーザー
雨宿りをしてから、夕食はネットで下調べしていた場所へ

「Ristrante TEMA」  21_201408121455533f0.jpg
www.ristorantetema.com
Via Panisperna 96/98, Rome,
tel 06 486484 ※行く方は予約した方が良い
口コミサイトで人気店だったので行ってみたが…感想はまぁ~まぁ~。

サラダの他手長海老のリゾット、魚介のパスタ、
息子は好物カルボナーラに大喜び

24_20140812145552235.jpg  23_2014081214555234c.jpg

22_20140812145751321.jpg

食後は徒歩でホテルに戻り就寝

翌朝(6月17日)は7時から朝食を済ませて、メトロでコロッセオ駅へ。

チケットが並ばず入手しやすいと聞き、まずはフォロ・ロマーノへ。
直ぐにコロッセオとの共通券(12ユーロ)を購入できた。
1_20140812145931a9e.jpg  2_201408121459301f1.jpg

3_20140812145929ad2.jpg  4_20140812145929cef.jpg

5_20140812145928e45.jpg  6_20140812145927aaa.jpg

7_201408121502040d3.jpg  8_201408121502035f2.jpg

後に行ったコロッセオもそれほどは混んではなくスムーズに観光。

9_20140812150203ca4.jpg  10_201408121502027c1.jpg

12_20140812150201cea.jpg  11_20140812150622697.jpg

お次はメトロで乗り換えしつつヴァチカンへ。 13_201408121502011c0.jpg

ヴァチカン美術館は混む場合は待ち時間が長いと聞いて
予約手数料はかかる(1人4€も!たっ高い!)が、事前に午前10時半で予約しておいた。
http://biglietteriamusei.vatican.va/musei/tickets
※夏期一部限定の金曜日のみ夜間OPEN
 (5月2日~7月25日&9月5日~10月31日)
これが大正解! 現地では有り得ないほどの長蛇の列が
予約していたお陰で無事入館。 ※列の具合は日にもよるみたいだが。

17_201408121506214a3.jpg  15_20140812150622714.jpg

16_20140812150620d31.jpg  18_201408121506200ec.jpg

19_2014081215061953d.jpg

ヴァチカン美術館から出ると、すぐ脇にはサン・ピエトロ大聖堂のコッポラへの並ぶ列もあったが、
時間がかかりそうなのでこれは断念。
サン・ピエトロ大聖堂内を見学。

21_2014081215313880e.jpg  22_20140812153137e3c.jpg

20_20140812153139895.jpg  23_20140812153136f3a.jpg

25_201408121531365f4.jpg  27_20140812153135f16.jpg

ジェラート休憩の後、急ぎホテルに戻り、荷物をピックアップ。
移動中に食べれるようパンを購入。 29_201408121534326da.jpg

バスは安いが、大混雑なので、やはりテルミニ駅12:50発の電車で空港へ。

28_20140812153434862.jpg  30_20140812153433dfe.jpg

31_201408121534325b5.jpg

AZ784便15:15発で成田へ
翌日6月18日15分ほど遅れて10:40到着。

成田空港では、すぐ携帯電話のサービス開始の手続き。
成田空港からは新しくサービス開始したらしい京成リムジンバスで
東京・八重洲口まで移動。
一人900円という値段設定

到着後は子供たちはまずはランチにラーメン

1_2014090516442384e.jpg  2_20140905164423e74.jpg

そして区役所へ行き、小学校入学手続き
落ち着くまでは暫く忙しそう
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

ジェラート食べてから、トルコへ

朝食後には、食材買い出しのお出かけ。
ホテル近くにもスーパーはあったが、品揃えはイマイチだったので
ガイドブックに掲載されていたスーパーへ行ってみることに。
「Esselunga/エッセルンガ」13shop.jpg
Viale Piave 38/40
tel: 39(0)2-204-7871
地下鉄「Porta Venezia」駅から徒歩5分ほど。
Open:8~21時(日曜日は~20時まで)、無休らしい

急ぎ買い出し済ませてホテルに戻り11時過ぎにチェックアウト。
ミラノ中央駅で義母とお別れ

子供たちの念願!?ジェラートを食べて13ice.jpg
ミラノ中央駅横の空港シャトルバスで、ベルガモ国際空港へ向かった。

13fpg.jpg
無事トルコに戻り、スーパーに寄って帰宅したら20時過ぎ
急ぎ夕食を作り、食べてから、洗濯祭 洗濯祭は明日も開催。

スリに合うことも、何かトラブルに巻き込まれることなく、無事に戻れ
良かった、良かった



今回、お友達におススメとご紹介してもらったのに、行くことが叶わなかったレストランは…

Trattria del Pescatore
Via A. Vannucci,5
tel: 39(0)2-5832-0452
月~土 昼 12時半~14時半、夜 20時~23時
要予約。予約時間は 月~土 10時半~12時半、18時半~19時半の間でとのこと。
オマール海老のカタラーナが絶品なのだとか

Il Faro
Piazza San Materno,8
tel: 39(0)2-284-6838
魚介が美味らしい。やはり要予約店。

Hosteria Terza Carbonaia
Via degli Scipioni,3
tel: 39(0)2-2953-1704
肉料理はここが良いらしい。

いつかこれらのお店に行ってみたいなぁ

雨が降る中・・・

今日は朝から雨

朝食の後は、「レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館」へ。
Via S. Vittore 21
tel: 39(0)2-485551
入場料:7€
Open:9時半~17時(週末/祝日は18時まで)
※1/1、5/1、8/15、12/25、復活祭など休館日もあるので要チェック。

11世紀に建てられた僧院が博物館になっていて、とっても広かった
12muze.jpg  12muze2.jpg

イスタンブルにある「コチ博物館」に似ている部分も多い。
レオナルド・ダ・ヴィンチに関する展示の他、天文、農業、電気など幅広い内容。

「最後の晩餐」が描かれた100年ほど後に、真似して描かれた絵も。でも全然違うなぁ。
12muze3.jpg

ここで2時間ちょっと過ごした後は、最寄の地下鉄「S.Ambrogio」駅すぐにある
カフェでランチ。
ここのパニーニやローストビーフ美味しかった12cafe.jpg

ランチ後は、雨天であったし、義母と子供たちはホテルでのんびり過ごすこととし
私と主人だけ買い物へ。
Duomoエリアにあるデパート「La Rinascente/ラ・リナシェンテ」へ。
高級ブティックが集中すると言われている「モンテ・ナポレオーネ通り」なども散策したが…
大した収穫もトキメキもなく終了。

夕食は「Porta Venezia」駅すぐのレストランをトリップアドバイサーで下調べして
目指して行ったが…恐れていた予感的中休業中であった。
「Malavoglia」
Via Lecco 4, Milan, Italy
tel: 39(0)2-2953-1387

そこで、周辺ホテルにおススメ店を聞いて今日でも営業のレストランへ
La Ragazza
Via Paolo Frisi 3
tel: 39(0)2-2952-1739
目指していくほどではないが…開いてて良かった。







2012年、明けましておめでとうございます!

2012年、明けましておめでとうございます

ヴェネツィアで目覚めた朝、朝食後は早速散策にお出かけ。
「Ca'd'Oro/カ・ドーロ」11cadoro.jpg

11c.jpg「サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会」

「サン・ザッカリア教会」11z.jpg

サン・マルコ広場を通過して…今日も沢山歩いた!歩いた!!

私へのお年玉!?リアルト橋すぐにあるムラーノガラスを扱うアクセサリー店で
ガラスビーズのネックレスを
11murano.jpg

ランチはリアルト橋を渡ってカナル・グランデ沿いのレストランで

Ghettoエリアも見学してから駅へ。11g.jpg

15:20ヴェネツィア発の電車でミラノへ移動。
11train.jpg

最後2連泊するミラノでのホテルへは、ちょっと迷いつつも無事到着。
夕食はそこでおススメされた近くのレストランへ
Hosteria Tipica Milanese「La Cadrega
Via Fara,1-Ang. Via Viviani,2
20124 Milano,
tel 39(0)2-6738-2931




歩いた、歩いた、大晦日

今朝は7時過ぎには朝食を済ませて、ヴェネツィア散策開始
1231gomi.jpg
車が走行できないVeneziaでは、ゴミ収集も船で

何度もこのゴミ収集の船を見かけつつ、最初に向かったのは「魚市場」。
リアルト橋近く、「カ・ドーロ」の対岸にある。
1231fish3.jpg  1231market.jpg

1231market2.jpg  1231fish.jpg

市場のすぐ横は「カナル・グランデ」1231fish4.jpg

そして、やって来た!ヴェネツィアの中心地「サン・マルコ広場」
1231hiroba2.jpg  1231hiroba3.jpg
まずは広場にそびえる高さ96.8mの「鐘楼/Campanile」の上に行ってみることに。
入場料/エレベーター:8€  
町が一望できるおススメスポット。…でもこの日寒かった~。
1231rialto5.jpg  1231hiroba.jpg

9世紀エジプトから運ばれた聖マルコの遺体を納めるために建てられた「サン・マルコ寺院」
1231sanmarco.jpg
院内には無料だが、宝物庫は3€、パラ・ドーロは2€の入場料。

ちょっと休憩ということで、サン・マルコ広場にあるカフェへ。
「カフェ・フローリアン」1231cafe.jpg
Piazza San Marco 56-59
tel: 39(0)41-520-5641
不定休

1720年創業の老舗カフェ。ゲーテなど、多くの詩人、作家たちに愛された有名カフェ。
食事もできるが割高。場所と雰囲気代として楽しむには良いかも。
エスプレッソ 6.5€、他。
1231cafe2.jpg 18世紀にタイムスリップしたよう。


リアルト橋周辺も散策し1231rialto.jpg
ランチは簡単にパニーニ(サンドイッチ)など。

そして、午後2時からは周辺3島を巡る4時間ツアーに参加。(1人20€)
「サン・マルコ」乗り場から、まず最初に向かったのは「Murano/ムラーノ島」。
ヴェネツィアの来た、1.5㌔にある島で、ヴェネツィアングラスで有名な島。
1231murano0.jpg  1231murano3.jpg
ガラス工房を見学させてもらい、ショールームも見学。
1231murano2.jpg  1231murano1.jpg

お次は、「Torcello/トルチェッロ島」へ。
ヴェネツィアの島々の中で最も寂しい島だそうだが、7~10世紀には人口は2万人を越えていて
ヴェネツィア発祥の地のひとつだそうだ。
1231t0.jpg  1231t.jpg

1231t1.jpg この島でのお手洗い使用料、1人1.5€

最後は「Burano/ブラーノ島」へ。 漁村とレース編みの村として有名らしい。
カラフルな家並みが可愛らしい。1231burano.jpg

1231burano1.jpg  1231burano2.jpg
レース編みが有名といっても、中国などからの輸入品が多いので見極めが必要とガイドブックにあり
どれが良いものやら??見るだけで何も買わず~。
この島を出る頃には霧がたちこめ、暗くなってきた。
1231burano3.jpg

今回は、宿泊先が同じ場所で確保できなかったので、アカデミア地区のホテルから、
北側カジノ近くのホテルに水上バスで移動。「Marcuola」で下船し徒歩3~4分。
ヴェネツィアらしい水路が眺められる部屋に宿泊

夕食はホテルの人おススメのお店へ。
1231dinnar.jpg (←翌日昼間に撮影。)
Ristorante-Pizzeria「VESUVIO」
Cannaregio, 1837
tel: 39(0)41-795-688
大晦日ということで、通常とは違う特別メニューだったが
どれも美味しかったぁ

カウントダウン後には新年を祝って花火がバンバンあがったようだが、会場に行き
鑑賞する体力も気力もなく(子供らも爆睡であったし)、花火の音で目覚めたものの
部屋で音だけ聞き、また寝ちゃった




「最後の晩餐」鑑賞後、ヴェネツィアへ

そもそも今回の旅行。ミラノに行こうと思ったのは「最後の晩餐」を鑑賞したかったから。
完全定員制なので、ピークシーズンに行く場合はネットで予約しなければ現地で見れずに
終わることもある。
飛行機より先に、今回「最後の晩餐」鑑賞予約を4人分確保しておいた

予約のサイトはコチラ
電話でも予約できるらしい。+39(0)292800360 (※月~土の8~18時半)

10:30のチケットだったので、15分以上前に現地到着できるようホテルを出発。

最初の1泊だけ利用したのはミラノ中央駅目の前のホテル
ホテル出入口から撮影→ 1230hotel.jpg

「最後の晩餐」が描かれているのは「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」の横。
義母がイタリア旅行に合流できることが決まってからは同時間帯のチケットが既に完売だった。
私は10年前に鑑賞したことはあったし、私の代わりに義母に鑑賞してもらった。
4人が鑑賞中、私は隣の教会を見学して待つことに。

12301.jpg  1230.jpg

その後は、ミラノ中央駅に戻り、ヴェネツィアへの移動する鉄道チケットを購入。
ネットでも注文できるのだか、家族割引(20%オフ)の買い方ができないのか?よく分からず現地で
買うことにしたのだ。10分ほど列に並び待ったが、無事に購入でき12:35ミラノ発
2時間35分の旅。
事前に時刻を知りたい方や予約したい方はコチラ

列車の中ではワインやおつまみを食べながらの移動で快適&幸せ
でも、中で怪しい(明らかにスリのグループ)3人を目撃。油断禁物だ

ヴェネツィアに無事到着後は水上バス/ヴァポレットで「アカデミア」まで移動。
さすが観光地!?1人一回6.5€でお高いのにビックリ

ホテルにチェックイン後、すぐ近くの「アカデミア博物館」へ。
Accademia, Dorsoduro
tel:+39(0)41-5222247
入場料:11€
月曜日は14時まで、火~日曜日は19時まで。
休館日:1/1、5/1、12/25 ※要確認

パオロ・ヴェロネーゼ作「レヴィ家の饗宴」1230acade.jpg

夕食までにはちょっと時間があったので、ちょっと一杯立ち寄り休憩
1230grappa.jpg
イタリアのお酒、グラッパをグイっと。
でも後から知ったのだが…これ食前酒ではなくって、食後酒だったようだ

夕食はここからすぐ近くのトラットリアへ
「Taverna S. Trovaso / タヴェルナ・サン・トロヴァーゾ」
Dorsoduro 1016
tel:+39(0)41-5203703

アカデミア地区では人気のお店。かなりおススメ
値段も手頃でヴェネツィア郷土料理やピザなどメニュー充実
開店の19時前から並んで入れたが、19:15に来た人は既に満席で待つことに。
予約をおススメ



年末年始はイタリアへ

主人の年末年始休暇は今日から1月3日まで。

ということで、この6日間を利用して、イタリアへ行くことに

イスタンブルには2つの国際空港がある。
メジャーなのはヨーロッパ側にあるアタチュルク国際空港。
日本からの唯一の直行便であるトルコ航空や他、エールフランス、エミレーツ、KLM等、トルコ国内で
一番発着数の多い空港がここ。
でも今回は初めてアジア側にあるサビハ・ギョクチェン国際空港を、利用することに。
1229.jpg
ペガサス航空でミラノへ。

ミラノには、日本からだと「マルペンサ国際空港」に発着だが、ペガサス航空を利用すると
「ベルガモ国際空港」が発着地。
ガイドブックには市内への交通手段の説明が掲載されていなく不安であったが、問題なかった。
ミラノ中央駅に向け、20分に一本は空港シャトルバスがあったし、空港自体がコンパクトなので
無駄に歩き回らずともOKで良かった。
40分ほどでミラノ中央駅に到着。(通常所要時間は1時間)

駅からホテルはすぐ。チェックインを済ませ荷物を置き、まずは「Duomo/ドゥオーモ」へ。
Duomo前でフランスから来てくれた義母と合流 これから6日間一緒に旅行だ
12295.jpg  12293.jpg

Duomoの屋上からはミラノ市内がよく見渡せ、町のシンボル。
14世紀後半に着工され、正面の完成をみたのは、19世紀初めナポレオンによってならしい。
12292.jpg  1229doumomae.jpg

Duomo屋上入場料:階段は6€、エレベーターは10€。
我々は階段で。170段ほどあったかな??

Duomo横にある「ガッレリア」も散策。(1877年に完成したアーケード)

夕食には、お友達から教えてもらったオススメレストランの予約を試みたら…
年末年始は休業
もう一店、電話は不通の場所には現地に足を運ぶもこれまた休業

仕方なく、勘で入ったお店は…席についてわかったのだが、中国人家族が経営するイタリアン
早くて、値段もお手頃であったが…お皿が中華テーブルは円卓
イタリアに来た!って実感がイマイチとなった微妙な滑り出し!?
でもこれもまた旅の思い出


プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
7位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。