スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル最終日

ホテルから空港までは車で15分ほど。
レンタカー返却や空港内で買い物もしたかったので余裕を見て3時間前に到着。
(後から出発は1時間遅延したのだがあせる
無事にレンタカーを返却し、サーフィンボード三枚もチェックインを済ませて身軽に音譜
すると・・・主人は「髪を切りたい」とひらめき電球
私も切りたかったが・・・一人ずつしか切れないとのこと。
二人とも切る余裕はないので・・・私はトルコに戻ってからだな汗
イスタンブール生活のABC

男性カットはシャンプーしてくれて15€。
空港で時間ある方にはオススメかも。
スパやネイルもあるらしい。
「absolutbeauty」

イスタンブールのアタチュルク空港に到着して荷物をピックアップして税関通過したら夜22時過ぎ。
車に三枚のサーフボードの設置に時間もとり、帰宅したときには23時過ぎ。

洗濯物の山山山叫び

まぁ事故なく無事に戻れて良かった良かった。
スポンサーサイト

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

ロカ岬

$イスタンブール生活のABC

今日は主人は仕事がメインになりそうなので、ロカ岬にだけ同行。
ホテルから車で途中カスカイスやギンチョの浜を通過し波を見ながら1時間ちょっとかけて到着。
北緯38度47分、西経9度30分、ユーラシア大陸最西端の地「ロカ岬」
クルージングでこの後、地中海巡りやモロッコに行くらしい日本人観光客に遭遇。
案内所では「最西端到達証明書」を5€ほどで販売していたが・・・私はその手に興味なし。
それよりも、もう一度「パステイス・デ・ベレン」のエッグタルトが食べたくて、
ホテルに戻ってから車で1人出かけ皆の分もテイクアウトプレゼント
午後主人は仕事らしくあせる私は子供を連れて
「エル・コルテ・イングレス」というスペイン大手のデパートへ。
イスタンブール生活のABC

日本のデパートと違うのは・・・日曜日と祝日は地下のスーパーを除いて休み。
Sao Sebastiao駅と直結していて、デパ地下もある音譜
ただ、私はお目当ての売り場へは行けずほとんどレゴ広場で過ごして終わりガーン
イスタンブール生活のABC
レゴはイスタンブールよりは2~4割ほど安いような!?
息子が欲しがった飛行機タイプの組み立てレゴ(20€)を購入。
でも対象年齢が7歳以上汗姉・・・がんばって!

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

日曜日のリスボン

日曜日にはお休みが多いのだが、場所によってはお得な日でもある。
ベレンの塔、ジェロニモス修道院、国立アズレージョ美術館など日曜日14時までは無料。
私と子供は市北部にあるグルベンキアン美術館へ。(主人はホテルに残り午前中お仕事。)
イスタンブール生活のABC

普段は4€の入場料が無料で、混んでいるかと思いきやそんなこともなく鑑賞できたグッド!
午後はロッシオ広場で主人と待ち合わせ。
広場の一角にはジンジャ(サクランボの果実から造ったお酒Ginja)屋がある。
イスタンブール生活のABC
甘くて口あたりがよく、一杯1.1€で立ち飲みスタイル。
「A Ginjinha」ア・ジンジーニャ
Largo de S.Domingos 8
tel:無し
営業:9~22時で無休らしい。

その後は裏通りを散策。

$イスタンブール生活のABC


「サン・ジョルジェ城」へ
$イスタンブール生活のABC

イスタンブール生活のABC城からの眺めも中々ラブラブ

帰り道にはイワシの良い匂いがひらめき電球
イスタンブール生活のABC
今日のお魚ランチセットが・・・ワイン、前菜にスープ、イワシ塩焼き三尾、デザートついて7€。
大満足合格
カテドラルを見学してからは、主人の希望で「ファド博物館」へ。
$イスタンブール生活のABC
「Museu do Fado」
tel:218-823-470
開館時間:10~18時
定休日:月
入館料:3€
映像や音楽が聞けるコーナーがあり、充実している博物館。
ちょうど私たちがいった17時からはたまたま生演奏を聴けてラッキー音譜

夕食はガイドブックにあった「Joao do Grao」に行きましたが
前日行った「トリンダーデ」が断然おすすめ。
$イスタンブール生活のABC
市電でホテルに帰宅。

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

再びリスボンへ

今日もエリセイラの波はイマイチ。
私の希望もありリスボンへ移動することに。
移動途中またサーフィンサーフィン

イスタンブール生活のABC
カスカイスで昼食後はホテルにチェックインして、夕方にはバイシャ(旧市街)を散策。
15日に行ったビアレストラン「トリンダーデ」で夕食をして終了。
移動とサーフィン待ちに時間がとられて私には充実度は低い一日だった気もするが、
「トリンダーデ」での食事が大満足だった合格
タコも美味しかったし、ポークソテーのソースがGoodグッド!

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

世界遺産の町・シントラへ

今朝のエリセイラの波もイマイチだったらしくあせるシントラ観光をすることに。
車で40分ほどで到着。
昼時だったので、まずはガイドブックに掲載されているレストランへ。
「Restaurante Regional de Sintra」
Travessa do Municipio 2
tel:219-234-444
無休らしい
イスタンブール生活のABC

地元客もおすすめの郷土料理のお店らしく、
ポルトガル風ステーキやポークグリルを注文。
ハウスワインもGoodグッド!

昼食後は「王宮」へ。
2本の円錐形の煙突がニョキっと伸びてみえる建物で
町のシンボル。
内装の豪華さもすごかった。
入館料が7€、定休日:水曜日。イスタンブール生活のABC
イスタンブール生活のABC


ティータイムにはシントラ銘菓が食べられるカフェへ。
イスタンブール生活のABC
「Piriquita」
R.das Padarias no.18,
Tel: 219-231-595
ケイジャーダ(チーズを使った菓子でポルトガル各地にあるが、
シントラのここのものが横綱級)
トラベッセーロ(形から枕という意味を持つ、パイ生地の菓子)を注文。
イスタンブール生活のABC


次に目指したのは「ムーア人の城跡」
駐車場から歩き出して10分ですごい雨になり大木で20分ほど雨宿り。
更に歩いていくと先にも駐車場を発見ガーン
よく歩いて入口から更に30分・・・ようやく城壁へ。
イスタンブール生活のABC
$イスタンブール生活のABC
$イスタンブール生活のABC

標高450mの城跡から見下ろすシントラの町並み。
イスタンブール生活のABC


シントラを満喫した後、夕食にはエリセイラに戻っり何だかピザが食べたくなった。
なぜって・・・エリセイラ内では沢山ピザ屋を見かけるからだ。
地元の方にどこが一番美味しいのか聞いたら・・・皆同じお店を言う。
「La Pizza」
R.Prudencia Franco da Trindade, 14r/c
tel: 261-863-121
確かに美味しいラブラブ!
子供たちもここのピザはペロリ大喜び。

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

一日棒(ボード)に振る!?

イスタンブール生活のABC-ホテル
エリセイラで迎えた初めての朝。
海岸沿いに突き出たホテルで、波を眺めながらの朝食は
良い気持ちラブラブ!
室内プールは無いが・・・子供たちは遊具で遊んだりして楽しそう。
夏に来れたらより良いかも・・・。
途中から雨になったり止んだりの繰り返し。



息子が「ハサミが欲しい!買いに行きたい!」と言ってきかないのでハサミを探して町散策に。
イスタンブール生活のABC-エリセイラ
車が通れないような狭い路地があったり、石畳で白い壁・・・。
とても可愛らしい町並みで散歩するだけでも楽しいような。
途中偶然ペニシュのホテルで一緒だった日本人の方と遭遇。
その方々は東京からフランスに飛び、そこから波を求めてレンタカーで
ポルトガル入りをされたそう。
でも昨日サーフィン中に車のガラスを割られ盗難にあい、パスポート、
カバンやら盗まれたと叫び
リスボンの大使館に向かう前にエリセイラに立ち寄ったところ
偶然私と会ったのだ。

普段エリセイラはこの時期良い波らしいのだが、風向きが合わずガーン
午後にはペニシュに移動することに。
ドライブすること1時間ちょっと。もう来ることないと思っていた
ペニシュに再び到着DASH!
$イスタンブール生活のABC-波
夕方までサーフィンの主人をひたすら海辺で待ち、日が沈んだ日ショック!

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

ベレンの後、エリセイラへ

今朝はペニシュから主人が来て合流。市西部ベレン地区へ。
まず行ったのはエッグタルトで有名な菓子屋。
$イスタンブール生活のABC

「Pasteis de Belem」パステイス・デ・ベレン
Rua de Belem 84-93
Tel:213-637-423
営業8~23時(無休らしい)
パステル・デ・ナタ「Pastel de Nata」は看板商品で殆どの方がこれを購入。
イスタンブール生活のABC
1837年に創業した老舗で、周りのパイ皮はパリっとしてて、
中は甘さ控えめ絶品クリーム。
ポルトガルで一番美味しいナタが味わえると聞いて行ったが、
本当に美味しい!
足を運ぶ価値ありグッド!

ナタに大満足した後は歩いて二分ほどにある世界遺産
「ジェロニモス修道院」へ。
イスタンブール生活のABC

修道院の最大の見所は中庭を囲む55m四方の回廊だそう。
イスタンブール生活のABC
二階建ての回廊の1階をボイタック(多くのマヌエル様式の建物を残した
巨匠フランス人)と、二階はカスティーリョが設計しているので違いを
見比べてみるのも面白い。

ジェロニモス修道院の南門を入って右手には、サンタ・マリア教会があり、
教会入口左側にはヴァスコ・ダ・ガマの棺が。
天に向かってそびえる柱は、椰子の木を模したといわれ、
海洋をモチーフにした模様が刻まれている。
$イスタンブール生活のABC

次に向かったのは修道院から約1キロのところにある
もう一つの世界遺産「ベレンの塔」。
イスタンブール生活のABC

16世紀初め、マヌエル一世の命により、船の出入りを監視する要塞として建てられた塔。
テラスからはテージョ川や4月25日橋が一望できる。
$イスタンブール生活のABC

一通りベレン地区観光が終わったら・・・サーフィンタイム!?
リスボンからエストリル方面へ向かい、途中の良さそうな場所でパパ時間。
$イスタンブール生活のABC

私と子供はすぐ近くにお寿司屋発見目
$イスタンブール生活のABC

「Carcavelos Sushi」
Av. Marginal Edificio Veleiro,
Praia de Corcavelos

最初の1時間はお寿司を楽しんで・・・$イスタンブール生活のABC
後半1時間は浜辺で遊んでサーフィン中の主人を待ちました。

サーフィン終了後は、1時間ちょっとドライブして
エリセイラ/Ericeiraへ移動。
この町も「地球の歩き方」「ワールドガイド」には全然掲載されていないサーファーには有名な町あせる
アンコウとエイの入った魚介スープを食べて一日を終了。
$イスタンブール生活のABC

「Restaurante Parreirinha」
Rua Dr.Miguel Bombarda,12
tel:261-86-2148

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

リスボン観光

リスボン北西に広がるリスボン万博の跡地を利用した複合公園「ネーションパーク」。
ここの水族館がおススメと聞いて早速行って見ることに。
$イスタンブール生活のABC

到着した10時にはすごい濃霧。イスタンブール生活のABC
でも水族館は完全室内なので、雨天でも何でもOK。
昼過ぎには「ヴァスコ・ダ・ガマ・ショッピングセンター」へ。
$イスタンブール生活のABC
無休で10~24時まで営業しているらしく、地下鉄オリエンテ駅に直結している。
食事だけ済ませて地下鉄でリスボン市内観光のため移動。
イスタンブール生活のABC
地下鉄・バス・市電で共通して利用できる一日乗車券は
3.75€で、カード代0.5€(1年有効でリチャージできる)
市電やバスは1回が1.45€、地下鉄は0.8€なので、利用頻度により使い分けるといい。
私は動き回るので一日券を購入して大正解合格
他にもリスボンカードというものがあり、それは一日17€で一日乗車券の機能プラス観光スポット(美術館など他)が無料になったり割り引きになるらしい。

まずは市内街並み拝見のため、「サンタ・ジェスタのエレベーター」へ。
巨大な鉄塔の内部をクラシックなエレベーターでのぼる。
イスタンブール生活のABC
追加で1.5€だったか支払うと最上階の展望台へ。
ロシオ広場やレスタウラドーレス広場を散策しケーブルカー
(グロリア線)に乗車。
イスタンブール生活のABC
着いてすぐにある「サン・ロケ教会」に行くことに。
イスタンブール生活のABC

$イスタンブール生活のABC
外観は小ぢんまりしているが、内部は金の装飾が施されている。
リスボンで最も大きな教会の一つらしい。

その後は駅途中にあるビール会社が経営するビアレストランで休憩ビール
$イスタンブール生活のABC
建物はかつての修道院を改装したもらしい。
天井が高くアズレージョ壁画も残っている。
「トリンダーデ/Cervejaria da Trindade」
Rua Nova de Trindade 20C
Tel:213-423-506
12~翌1時過ぎまでの営業だが、祝日は休みらしい。

ホテルに戻ってからは室内プールで1時間以上遊び私はヘトヘト。
イスタンブール生活のABC

外食続きも疲れるので、ホテル近所の日本料理屋「彩」でテイクアウト。
$イスタンブール生活のABC
やっぱり子供が大喜び。
日本料理って美味しいし、気持ち落ち着くなぁ。

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

4日目 母子は先にリスボンへ

イスタンブール生活のABC-バス

主人は波の無いポルトより、ペニシュに戻ることを希望。

私と子供は・・・ペニシュ拒否。 別行動で、バスで母子だけリスボンへ。
ポルト→リスボンへ高速バス異動で3時間半。(大人1人18€、子供1人9€。)
10:30発のチケットだったが、約20分遅れて出発し、到着は14:20ごろ。
Sete-Riosというリスボン最大のバスターミナルに到着後は、徒歩3分のホテルへチェックイン。
$イスタンブール生活のABC-ホテル
「Corintia Hotel」は地下鉄駅やスーパー、動物園も近くとても便利で快適グッド!
で、早速そのまま動物園へ。

$イスタンブール生活のABC-動物園

「Jardim Zoologico」
tel:217-232-900
毎日10時~18時開園(夏期は20時らしい)
1884年にオープンした歴史ある動物園。
イルカやアシカのショーもあって充実合格
$イスタンブール生活のABC-キリン

動物園を閉園時間まで楽しんだ後は地下鉄で移動し「コロンボ・ショッピングセンター」へ。
イベリア半島最大らしい。
イスタンブール生活のABC-コロンボ
約340軒のショップや映画館、室内遊園地色々あるものの、動物園で
歩きつかれていたのでササッと見ただけ。

食器を見たかった私だが・・・4歳野生児を連れての買い物は
キ・ビ・シ・イDASH!

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

3日目 Porto/ ポルト へ

主人よ…ペニシュでサーフィン三昧もいい加減にしてくれ~
で、3日目には首都リスボンに次ぐ第二の都市のポルトへ。

ポルトガルと聞いてポルトワインをイメージする人も多いと思うが・・・私もその1人。
ペニシュから車を走らせて3時間ほどだったか?とにかく昼に無事到着。

まずは街並みを見ようとクレリゴス教会と塔に向かった。 $イスタンブール生活のABC
すると何やら騒がしいあせる 学生運動だか何かしている日だったよう。
$イスタンブール生活のABC
空き缶をガラガラ引きずり音を出しながらスゴイ人数が集会。
$イスタンブール生活のABC

225段の階段を上って76mの塔頂上からの眺め目
イスタンブール生活のABC

塔の上ではちゃんとした柵がないので、小さい子供を連れて行くには危険がいっぱい。
ドキドキで、すぐに下りることにガーン

その後はアズレージョ(絵タイル)で有名なサン・ベント駅に立ち寄り
イスタンブール生活のABC

そこから更に5分ほど歩いてカテドラルへ。

イスタンブール生活のABC
  

$イスタンブール生活のABC
14世紀のゴシック様式の回廊がとても素敵。
子供たちはイエス様やマリア様の彫刻や絵に敏感に反応していた。
日本で教会附属の幼稚園に通っていた記憶は勿論今でも鮮明。

そしてサン・フランシスコ教会へも徒歩で移動。
$イスタンブール生活のABC

夕方には雨が降り雨ポルトワインを飲みながら雨宿り。
イスタンブール生活のABC

イスタンブール生活のABC

$イスタンブール生活のABC
歩き疲れて子供は電車に乗りたがったが・・・行く方向が逆汗
ホテルまで歩いて戻った。

ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区のワイン工場に行きたかったが・・・日曜にはお休みが多い。
レストランも日曜日はお休みの店が多いので要チェック。

テーマ : ポルトガル
ジャンル : 海外情報

プロフィール

トルコ

Author:トルコ
広島→豪州→米国→東京→
結婚後、東京→
コートジボアール→東京→
2010年夏からトルコ。

12歳娘と8歳息子の育児満喫中。

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。